グレートキングハナハナ30 高設定のハナはやっぱり凄いね!

パチンコ・パチスロ

こんにちは。

少ないお小遣いを、ギャンブルで楽しみながら増やす(笑)ことを目標としているノブです。

今回は「グレートキングハナハナ30」のおそらく設定6を久しぶりに打てたので、その実践日記です。

 

スポンサーリンク

グレートキングハナハナ30 基本情報

 

ボーナス確率

設定BIG確率REG確率合成確率出玉率
設定11/2991/4961/18696%
設定21/2881/4681/17898%
設定31/2781/4361/170101%
設定41/2681/4071/161104%
設定51/2551/3741/151107%
設定61/2341/3361/138112%

ハナハナはジャグラーに比べるとボーナス確率は重めですが、通常時のコイン持ちが良いので設定4からでも十分狙える仕様ですね。

 

設定推測ポイント

ハナハナシリーズは共通して設定推測要素が多く存在するので、ジャグラーに比べると設定の高低は比較的早く見えやすい機種だと思います。

小役確率

ハナハナシリーズでは通常時のベル確率に設定差があります。

約1/7.4~1/7.2ですので個人的にはそれほど役に立つとは思わないですね。

 

BIG中スイカ確率

BIG中のスイカ確率には大きな設定差が存在しているので、こちらは要チェックですね。

約1/48~1/32ですので、高設定(特に6)であれば結構早い段階で分かると思います。

 

ボーナス後のパネルフラッシュ

BIG後のパネルフラッシュに関してはあまり気にしなくても良いかなと思いますが、REG後に発生した場合、上のみであれば設定3以上、上下で発生した場合は設定5・6となっているので要チェック!

ちなみに設定変更後のBIGは50%でパネルフラッシュが発生します。

 

REG中のサイドランプ

REG中は左リール中段に白7をビタ押ししてスイカを揃える事で1回のみサイドランプが変化します。

青・緑は奇数設定、黄・赤は偶数設定で選ばれやすく、設定6は均等に振り分けられます。

虹色だった場合は高設定示唆となっています。

 

 

グレートキングハナハナ30 実践

さぁ今日もペカチカを求めてマイホールへ。

僕の住んでいる地域は東海地方なのでハナハナの設置台数がめちゃくちゃ多いです。

その分ライバルも非常に多いのですが、今日は前日のへこみ台を取れたので早速ハナに水をあげてキレイに咲かせていきたいと思います!

 

ちなみに僕はハナハナを打つときは通常時のベルを数えません。

あまり差が無く、分母も大きいので、ベルよりも他の要素を見ていけば設定の高低はある程度分かると個人的には思っています。

 

打ち始めてすぐにボーナスを引き、ポコポコとボーナスが当たる理想的な展開に。

BIG中のスイカもポコポコ出ますし、「これはツモったか!?」

ていうか、こんな感じめちゃくちゃ久しぶりなので早い段階で設定6を確信!

 

最終的なスランプグラフはこんな感じ

 

ハナハナの高設定はやっぱり安定して出ますよね。

ただ最近は「あっても4かな」みたいな店が多いので、なかなかこういう台にはめぐり合えないんですけどね。

 

しかし、ハナハナを一日中打っていると必ず通常時のスイカを取りこぼします…

ハナハナあるあるですよね(笑)

取りこぼした瞬間めちゃくちゃへこむし、疲れませんか?

次Gで思わず「光れ!」って思いながらレバーをたたきますからね。

取りこぼしじゃないことを祈りながら(笑)

まぁ偶然光るということもありますが。

 

スポンサーリンク

実践結果

総ゲーム7371G
BIG回数33回(1/223)
REG回数28回(1/263)
投資200枚
回収4072枚

中盤からはREGに偏りだしてもみもみ状態であまり増えませんでしたが、これもハナハナあるあるなので仕方なし。

とにかく久しぶりに設定6っぽい台を打てたので楽しかったですし、普段打っているのはやっぱり中間くらいなんだなと改めて実感した一日でしたね。

 

まとめ

上の画像みたいにリーチ目がしれっと出るところがハナハナの良いところですよね♪

しかもこの目、トイレ行って帰ってきて1G目に出たもんだから「うぉっ!」ってなって思わず撮っちゃいましたよ(笑)

 

やっぱりノーマルタイプの110%超えは安定して出ますね。

その分ライバルも多いですし(僕の住んでいる地域では)、ホールでも昔より設定6より中間設定の方が多くなってしまいました。

 

ただ、やっぱりハナハナは面白い!

これからも積極的に狙っていきたい機種ですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました