ネットで馬券を購入するならメリットいっぱいの「楽天銀行」がおすすめ!自宅でお得に競馬を楽しもう!

競馬

新型コロナウイルスの影響で無観客競馬が続いています。

現在は馬券を購入するのも電話、インターネット投票のみとなってしまって、これまで競馬場で馬券を購入していた方もJRAの即PATに加入される方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、お得にネットで馬券を購入する方法について紹介していきたいと思います。

これは僕が普段から馬券購入で利用している方法なのですが、ちょっとでもお得に馬券を購入したい方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

JRAのネット投票「即PAT(パット)」について

JRAのネット投票システム即PATとは、下記のJRA指定の銀行口座を持っていれば、即日加入(申込は勝馬投票券の発売時間帯のみ)でき、その日から馬券を購入することができるネット投票サービスです。

 

【JRA指定銀行】

  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • auじぶん銀行

 

上記のJRA指定銀行口座を持っていれば即PATはすぐに利用できますが、この記事の肝お得に馬券を購入するなら楽天銀行がおすすめとなります。その理由については後述します。

 

スポンサーリンク

即PATの利用方法

JRA即PATの登録から利用は以下のような流れとなっています。

 

  1. JRA指定銀行口座をお持ちでない場合は口座開設
  2. JRA即PAT申込ページから登録
  3. パソコン、スマホなどで口座からPATへ入金
  4. パソコン、スマホなどで馬券を購入
  5. 競馬開催終了後、自動的に精算

 

 

 

JRAダイレクトのデメリット

JRAのネット投票サービスには即PAT以外にもJRAダイレクトというサービスもあります。

JRAダイレクトとは、以下のJRA指定のクレジットカードを持っていれば、パソコンから馬券を購入できるサービスです。

 

【JRA指定クレジットカード】

  • JCBカード
  • 三井住友カード
  • UCカード
  • MUFGカード
  • DCカード
  • NICOSカード
  • 楽天カード

 

上記のクレジットカードを持っていれば、クレジットカード払いで馬券を購入することができるのですが、以下の理由で個人的にはJRAダイレクトはおすすめできません

 

【JRAダイレクトのデメリット】

  • パソコンからしか利用できない
  • 1回利用ごとに100円(税込)のシステム利用料がかかる
  • 1日に3回までしか購入できない
  • 1回あたりの最低金額が1,000円以上(システム利用料は含まない)
  • 1ヶ月の利用限度は50,000円まで(システム利用料を含む)

 

クレジットカードで馬券を購入できるのは現金を利用しなくて済むのでありがたいのですが、システム利用料や購入限度回数など、デメリットの方が多いので利用するのはおすすめできませんよ。

 

スポンサーリンク

ネットで馬券を購入するならメリットがいっぱいの「楽天銀行」がおすすめ!

JRA即PAT会員数No.1の楽天銀行にはハッピープログラムというサービスがあり、ステージランクが上がるごとにATM手数料無料回数が増えたり、楽天スーパーポイントの獲得倍率が上がったりします。

このハッピープログラムは、楽天銀行の口座をお持ちの方ならエントリーするだけで、取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まり、楽天スーパーポイントを振り込み手数料に利用できるようになります。

また、ATM手数料が最大7回/月、振込み手数料が最大3回/月まで無料になったりするので絶対に利用しておきたいサービスですね。

 

 

以下、ハッピープログラムのステージ特典です。

このハッピープログラムのステージを上げるには、上表の通り、残高もしくは取引件数によって決まります。

この取引件数というのがハッピープログラムのステージアップさせるコツで、実はJRA即PATに入金することで取引件数1件にカウントされるのです!

しかも、JRA即PATに入金することで楽天スーパーポイントも獲得できるので一石二鳥でめちゃくちゃお得になるんですよ!

↓こんな感じ

 

毎週競馬を楽しむだけで、楽天銀行のハッピープログラムのステージアップもできて、楽天スーパーポイントまでもらえるのですから、これがきっとJRA即PAT会員数がNo.1の楽天銀行の理由なのでしょう。

ちなみに裏技ってほどのものじゃないですけど、「即PATに入金」で取引件数となるので、馬券を購入しなくても取引件数は稼げますよ~♪

 

スポンサーリンク

 

楽天銀行口座で即PAT会員登録する方法

楽天銀行口座をJRA即PATに登録するフローは以下の通りです。

 

  1. 楽天銀行の口座を開設
  2. JRA即PAT申込ページで「楽天銀行で申込」を選択
  3. 規約内容に同意
  4. 口座情報を入力
  5. 楽天銀行口座のユーザーID/ログインパスワードを入力
  6. 自動引き落とし契約規約に同意
  7. 暗証番号を入力
  8. 加入者情報を入力
  9. 会員登録完了

※「加入者番号」「P-ARS番号」「INET-ID」は必ずメモしておきましょう。

 

 

地方競馬の購入も「楽天銀行」がおすすめ!

楽天には地方競馬の全場のレースが購入できる楽天競馬というサービスがあります。

楽天競馬は、楽天銀行の口座をお持ちの方であれば誰でも無料で登録することができ、馬券の購入で楽天スーパーポイントも獲得できるので、地方競馬を楽しむなら楽天競馬がおすすめですよ。

 

楽天競馬はJRA即PAT同様、楽天銀行から楽天競馬に入金するだけでハッピープログラムのステージアップ取引件数としてカウントされますし、楽天スーパーポイントも獲得できます

↓こんな感じ

しかもそれだけではなく、楽天競馬はレースごとに馬券購入金額の最大10%分の楽天スーパーポイントが還元されるという特典もあるのです!

 

また楽天競馬では毎月初めて登録する方を対象に、楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえ、さらに登録から7日間は全てのレースの馬券購入で10%還元が受けられる特典付です!

 

 

地方競馬を購入される方も、そうでない方でも、無料登録で楽天スーパーポイント1,000ポイントもらえますし、入金するだけで楽天銀行のハッピープログラムのステージアップ対象にもなるので、とりあえず「楽天銀行」の口座を開設したら「楽天競馬」に登録しておくことをおすすめします。

 

 

まとめ

コロナウイルスで外出自粛が続く中、競馬が開催されていることは本当に凄いことだと思いますし、本当に感謝しています。

自宅競馬でネットで馬券を購入するなら、せっかくだからメリットいっぱいの「楽天銀行」を利用して楽天スーパーポイントを貯めてお得に楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました