チューリップ賞G2 2020 予想と勝負馬券|結果

競馬

こんにちは。ノブです。

今回は桜花賞へとつながる最重要ステップレースである「チューリップ賞」を予想していきたいと思います。

阪神JFの上位4頭がこぞって出走ということでレベルが高そうな一戦ではありますが、果たしてここに割り込める伏兵はいるのか?

 

スポンサーリンク

出馬表

馬番馬名性齢騎手前走
1クラヴァシュドール牝3M.デムーロ阪神JF 3着
2メデタシメデタシ牝3坂井 瑠星こぶし賞 4着
3スマートリアン牝3幸 英明エルフィンS 3着
4レシステンシア牝3北村 友一阪神JF 1着
5チェーンオブラブ牝3石橋 脩フェアリーS 2着
6ショウリュウハル牝3松若 風馬白菊賞 1着
7ウーマンズハート牝3藤岡 康太阪神JF 4着
8モズアーントモー牝3松山 弘平
かささぎ賞 14着
9イズジョーノキセキ牝3岩田 康誠赤松賞 5着
10スマイルカナ牝3丹内 祐次フェアリーS 1着
11シャンドフルール牝3武 豊
クイーンC 5着
12フルートフルデイズ牝3藤岡 佑介
フェアリーS 8着
13マルターズディオサ牝3田辺 裕信阪神JF 2着
14ピーエムピンコ牝3和田 竜二未勝利 1着

 

データ分析

コースの特徴

スタート後、外回りコースに入ってから3コーナー手前まで上り。4コーナー途中から緩やかな下りで、直線に向いてからも半ば(残り190メートル付近)まで下っていく。

直線距離は473.6メートル(Aコース使用時)。ゴール前に急な上り(高低差1.8メートル)がある。前半に負荷がかかりやすい構造で、道中は脚をため、直線でスピードを発揮する馬が基本的に有利。

ただし、あまりにもスローペースになれば逃げ馬が有利となる。開催前半で芝の状態が良好なときは、インを回る能力や先行力が重要になりやすい。

JRA公式サイト

 

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【1-1-0-11】

2枠【0-0-1-13】

3枠【1-0-1-13】

4枠【1-1-3-12】

5枠【1-1-2-15】

6枠【3-1-0-15】

7枠【3-2-0-15】

8枠【0-4-3-14】

 

外枠の好走率が非常に高いですね。

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

阪神JF組【7-3-5-10】

紅梅S組【1-0-0-9】

クイーンC組【0-2-0-3】

エルフィンS組【0-1-3-23】

こうやまき賞組【0-1-0-0】

 

前走「阪神JF」が圧倒的な数字ですね。

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【5-2-1-2】

2番人気【1-1-3-5】

3番人気【1-2-0-7】

4番人気【1-2-0-7】

5番人気【1-0-1-8】

 

1番人気の複勝率は80%で堅実です。

10番人気以下は【0-0-1-47】で、近6年は3連単でいずれも5万円未満なので、極端な穴狙いは禁物ですね。

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【1-0-2-7】

先行【2-4-4-27】

差し【4-2-3-36】

追込【3-4-1-38】

 

阪神の外回りコースということで、差し追込みも届きます。

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着ココロノアイ(5)ステイゴールドデインヒル
2着アンドリエッテ(7)ディープインパクトSilver Deputy(ヴァイスリージェント系)
3着レッツゴードンキ(2)キングカメハメハマーベラスサンデー

 

2016馬名父馬母父馬
1着シンハライト(2)ディープインパクトSingspiel(サドラーズウェルズ系)
2着ジュエラー(1)ヴィクトワールピサPistolet Bleu(ネアルコ系)
3着ラベンダーヴァレイ(10)ディープインパクトフレンチデピュティ

 

2017馬名父馬母父馬
1着ソウルスターリング(1)フランケルMonsun(ブランドフォード系)
2着ミスパンテール(7)ダイワメジャーシンボリクリスエス
3着リスグラシュー(2)ハーツクライAmerican Post(ネイティブダンサー系)

 

2018馬名父馬母父馬
1着ラッキーライラック(1)オルフェーブルFlower Alley(フォーティナイナー系)
2着マウレア(3)ディープインパクトストームキャット
3着リリーノーブル(2)ルーラーシップクロフネ

 

2019馬名父馬母父馬
1着ダノンファンタジー(1)ディープインパクトNot For Sale(カロ系)
2着シゲルピンクダイヤ(4)ダイワメジャーHigh Chaparral(サドラーズウェルズ系)
3着ノーブルスコア(7)ディープインパクトDylan Thomas(デインヒル系)

 

毎年のようにディープインパクト産駒が好走していますね。

 

スポンサーリンク

 

予想と勝負馬券

さぁ、ではチューリップ賞の予想をしていきたいと思います。

 

僕の本命は◎⑩スマイルカナにしました!

前走「フェアリーS」では絶好枠からの逃げての勝利ということではまった感がありますが、とにかく連勝中のディープ産駒は買いなんですよ!(笑)

先週の阪急杯でも連勝中のディープ産駒ベストアクターが勝利しましたし、その前の京都牝馬Sではこれまた連勝中のディープ産駒サウンドキアラが勝利しましたよね。

阪神JFの上位組は強いですが、トライアルレースということで取りこぼしもあると見てこの馬から勝負したいと思います!

 

対抗○④レシステンシア

正直この馬は買わなきゃどうしようもないです…

前走「阪神JF」では逃げて上がり最速を繰り出し、2着に5馬身差をつけるというとんでもない強さでしたからね。

まぁ、この馬が馬券から外れることはないでしょう。

 

▲⑬マルターズディオサ

前走「阪神JF」では0.8差の2着なのですが、地味なキャラだからなのかあまり人気にはなりにくいですよね。

ただこの馬、前々走「サフラン賞」ではレベルの高いレースで上がり最速で1着となっていますから実力は相当ありますよ。

 

△①クラヴァシュドール

△⑦ウーマンズハート

 

勝負馬券

3連複

⑩④-①⑦⑬

これで勝負したいと思います!

 

結果

1着:⑬マルターズディオサ

2着:①クラバシュドール

3着:④レシステンシア

 

印をつけた馬で決まるものの馬券はハズレ…

本命のスマイルカナがまさか逃げないとは…

阪神JF組の上位3頭が1~3着を独占ということで、上位陣はやはりレベルが高いですね。

阪神JFではレシステンシアに5馬身差をつけられた2頭がワンツーとなって桜花賞が非常に楽しみになりました!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました