秋華賞G1 2021 予想と勝負馬券|結果

競馬

こんにちは。ノブです。今週は、桜花賞・オークスに続く牝馬3冠レースの最終戦「秋華賞」が開催されます!

昨年は、デアリングタクトが無敗で3冠達成と歴史的な年となりましたね。今年も大注目の白毛のヒロイン「ソダシ」の出走で盛り上がりそうです。

 

昨年の結果はこちら↓

秋華賞G1 2020 予想と勝負馬券|結果
今週は、桜花賞、オークスに続く牝馬3冠レースの最終戦「秋華賞」が開催されます! 今年は、デアリングタクトが無敗で3冠に挑むということで歴史的な年になりそうですね。 牝馬3冠馬はいるものの無敗で達成した馬はいません。あのジェンティ...
スポンサーリンク

出馬表

 

データ分析

コースの特徴

ホームストレッチの半ばからスタートするレイアウト。スタート直後に上り坂がある。1コーナーまでは約350メートル。

1コーナーから2コーナー、バックストレッチまではほぼ平坦で、3コーナー過ぎから4コーナー、直線の半ばにかけて緩やかに下る。直線距離は356.5メートル(Aコース使用時)で、ゴール前には2回目の急な上り坂が待ち受ける。

最終コーナーから加速して、坂のある直線でも末脚を伸ばし続けられるスタミナ、馬力が要求されやすい。

JRA公式サイト

※今年は阪神競馬場(内回り2000m)で行われます。

 

スポンサーリンク

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【0-3-2-14】

2枠【1-2-1-15】

3枠【2-0-1-17】

4枠【1-2-1-16】

5枠【0-1-0-19】

6枠【1-1-2-16】

7枠【3-1-3-22】

8枠【2-0-0-28】

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

ローズS組【3-5-7-55】

紫苑S組【3-3-0-44】

優駿牝馬組【3-0-0-12】

クイーンS組【1-0-0-4】

夕月特別組【0-1-1-6】

 

ローズステークス組からの好走馬が抜けて多く、毎年1頭は必ず3着以内に入っている。(ただし、今年は通常の阪神芝外1800ではなく、中京芝2000で行われている)

また、オークスからの直行はアーモンドアイ、クロノジェネシス、デアリングタクトと現在3連勝中!

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【4-1-1-4】

2番人気【1-3-0-6】

3番人気【4-0-1-5】

4番人気【1-2-1-6】

5番人気【0-2-1-7】

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【0-2-0-10】

先行【1-1-2-25】

差し【8-4-7-62】

追込【1-3-1-50】

 

血統傾向

過去6年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着ミッキークイーン(1)ディープインパクトGold Away(ヌレイエフ系)
2着クイーンズリング(5)マンハッタンカフェAnabaa(ダンジグ系)
3着マキシマムドパリ(8)キングカメハメハサンデーサイレンス

 

2016馬名父馬母父馬
1着ヴィブロス(3)ディープインパクトマキアヴェリアン
2着パールコード(4)ヴィクトワールピサLost Code(リボー系)
3着カイザーバル(8)エンパイアメーカーサンデーサイレンス

 

2017馬名父馬母父馬
1着ディアドラ(3)ハービンジャースペシャルウィーク
2着リスグラシュー(4)ハーツクライAmerican Post(ネイティブダンサー系)
3着モズカッチャン(5)ハービンジャーキングカメハメハ

 

2018馬名父馬母父馬
1着アーモンドアイ(1)ロードカナロアサンデーサイレンス
2着ミッキーチャーム(5)ディープインパクトデインヒル
3着カンタービレ(3)ディープインパクトGalileo(サドラーズウェルズ系)

 

2019馬名父馬母父馬
1着クロノジェネシス(4)バゴクロフネ
2着カレンブーケドール(2)ディープインパクトScat Daddy(ストームキャット系)
3着シゲルピンクダイヤ(10)ダイワメジャーHigh Chaparral(サドラーズウェルズ系)

 

2020馬名父馬母父馬
1着デアリングタクト(1)エピファネイアキングカメハメハ
2着マジックキャッスル(10)ディープインパクトシンボリクリスエス
3着ソフトフルート(9)ディープインパクトキングマンボ

 

スポンサーリンク

過去データから生き残るのは3頭のみ!?

  • 中12週以上(オークスで3着以内馬を除く)【0-0-0-16】
  • 前走2桁人気【0-0-2-27】
  • 前走6着以下【0-0-2-58】
  • 前走条件戦、オープン特別に出走(ディープ産駒を除く)【0-0-2-45】
  • 1,2勝馬で連対率50%未満(G1馬を除く)【0-0-2-48】
  • 前走ローズS組で、前々走未勝利か1勝クラスに出走していた【0-0-1-8】
  • 紫苑S組で、前々走オークスに出走し掲示板外に負けていた【0-0-0-16】

 

以上の項目から生き残ったのは、ソダシ・アカイトリノムスメ・ユーバーレーベンの3頭のみ!

 

出走馬の調教時計(直前追い切り)

馬名調教コースタイム
スルーセブンシーズ美浦・南W(やや重)6F(83.3)5F(66.5)4F(52.1)3F(38.2)1F(12.0)
ステラリア栗東・CW(良)6F(84.7)5F(68.4)4F(53.0)3F(38.7)1F(11.9)
クールキャット美浦・南W(やや重)5F(68.6)4F(52.8)3F(38.1)1F(11.7)
ソダシ栗東・坂路(良)4F(55.0)3F(40.0)2F(25.5)1F(12.2)
エイシンヒテン栗東・CW(良)6F(85.9)5F(70.7)4F(55.9)3F(41.2)1F(12.7)
スライリー美浦・南W(やや重)6F(85.7)5F(69.0)4F(54.3)3F(40.0)1F(12.9)
サルファーコスモス栗東・CW(良)6F(86.9)5F(69.4)4F(53.7)3F(39.3)1F(12.9)
エンスージアズム栗東・CW(良)4F(52.8)3F(38.6)1F(12.7)
アンドヴァラナウト栗東・坂路(良)4F(54.0)3F(38.7)2F(25.0)1F(12.2)
アールドヴィーヴル栗東・坂路(良)4F(55.5)3F(39.3)2F(25.5)1F(12.6)
ユーバーレーベン美浦・南W(やや重)5F(67.8)4F(52.5)3F(38.1)1F(11.9)
アカイトリノムスメ美浦・南W(やや重)5F(68.6)4F(53.1)3F(38.0)1F(11.8)
ホウオウイクセル美浦・坂路(やや重)4F(54.0)3F(39.7)2F(25.3)1F(12.5)
ファインルージュ美浦・南W(やや重)5F(68.7)4F(53.6)3F(38.4)1F(11.5)
アナザーリリック美浦・南W(やや重)5F(68.1)4F(52.5)3F(37.6)1F(12.3)
ミスフィガロ栗東・P(良)4F(58.1)3F(42.4)1F(13.1)

 

スポンサーリンク

予想と勝負馬券

今年は阪神で行われるので、過去のデータはあまり過信せずに土曜日の傾向と馬の状態を重視して買いたいと思います。

 

本命は◎⑨アンドヴァラナウト

前走ローズSは非常に強い内容で完勝。福永さんがファインルージュではなくこっちを選んだのが決め手になりました!土曜日も府中牝馬Sをシャドウディーヴァで制して勢いに乗ってますしね♪

対抗は当然④ソダシですが、穴なら1枠のスルーセブンシーズステラリアですね。2頭ともに調教内容が良く見えましたし、急坂の小回りが合いそうな馬で好枠を引きましたから、ここは狙ってみたい2頭です。

 

ソダシが馬券外になるだけで配当が約束されるレースですが、正直トぶイメージが沸かない…(笑)

という訳で◎○から穴へのワイド馬券を買いたいと思います。

④⑨-①②の4点で勝負!

 

スポンサーリンク

結果

1着:⑫アカイトリノムスメ

2着:⑭ファインルージュ

3着:⑨アンドヴァラナウト

 

スローペースで流れて2番手につけたソダシの勝ちパターンでしたけどまさかの10着に敗退。

勝ったアカイトリノムスメは母アパパネと母仔制覇となる快挙でしたね!国枝栄厩舎の管理馬はこれで4年連続で秋華賞連対となり、「秋華賞といえば国枝栄厩舎」というデータがさらに磨きがかかったレースとなりました。

次週はメンバー的に波乱が期待できそうな菊花賞。ここは是が非でも当てたい!

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました