秋華賞G1 2020 予想と勝負馬券|結果

競馬

今週は、桜花賞オークスに続く牝馬3冠レースの最終戦「秋華賞」が開催されます!

今年は、デアリングタクトが無敗で3冠に挑むということで歴史的な年になりそうですね。

牝馬3冠馬はいるものの無敗で達成した馬はいません。あのジェンティルドンナやアーモンドアイですら新馬戦で負けているぐらいですからね~。

果たしてデアリングタクトがジェンティルドンナやアーモンドアイ以上の偉業を達成できるのか?大注目の一戦!

 

スポンサーリンク

出馬表

 

データ分析

コースの特徴

JRA公式サイト

スタートから1コーナーまでの距離は約300メートル。スタンド側にスタート地点があるJRAの芝2000メートルのコース(新潟の芝・外回りと東京以外)の中では、スタートから1コーナーまでの距離が最も短い。

レース前半はほぼ平坦だが、向正面半ばから3コーナーの入り口にかけて上り坂がある。上ってすぐ下る外回りの3コーナーと異なり、その先(残り889メートルから760メートル)は平坦だが、残り760メートル付近から620メートル付近まで急に下り、3コーナーの終わりから4コーナー、最後の直線はほぼ平坦となっている。

レース前半のポジション取り、立ち回りが重要なコース。道中で遅れずに追走するためのスピードも必要とされる。

 

スポンサーリンク

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【0-3-2-14】

2枠【1-2-2-14】

3枠【2-0-1-17】

4枠【1-2-0-17】

5枠【0-2-0-18】

6枠【1-0-2-17】

7枠【3-1-3-22】

8枠【2-0-0-28】

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

ローズS組【4-6-7-55】

紫苑S組【3-2-0-42】

優駿牝馬組【2-0-0-11】

クイーンS組【1-0-1-5】

 

ローズステークス組からの好走馬が抜けて多く、毎年1頭は必ず3着以内に入っている。(ただし、今年は通常の阪神芝外1800ではなく、中京芝2000で行われている)

また、オークスからの直行は現在アーモンドアイ、クロノジェネシスと連勝中。

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【4-1-1-4】

2番人気【1-3-1-5】

3番人気【4-0-1-5】

4番人気【1-2-1-6】

5番人気【0-2-1-7】

 

近8年の連対馬が全て5番人気以内の馬で、比較的堅めの決着が多い。

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【0-2-0-10】

先行【1-1-3-26】

差し【8-5-6-61】

追込【1-2-1-50】

 

差し馬が優勢。京都芝2000(内)ということで立ち回りが重要。

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着ミッキークイーン(1)ディープインパクトGold Away(ヌレイエフ系)
2着クイーンズリング(5)マンハッタンカフェAnabaa(ダンジグ系)
3着マキシマムドパリ(8)キングカメハメハサンデーサイレンス

 

2016馬名父馬母父馬
1着ヴィブロス(3)ディープインパクトマキアヴェリアン
2着パールコード(4)ヴィクトワールピサLost Code(リボー系)
3着カイザーバル(8)エンパイアメーカーサンデーサイレンス

 

2017馬名父馬母父馬
1着ディアドラ(3)ハービンジャースペシャルウィーク
2着リスグラシュー(4)ハーツクライAmerican Post(ネイティブダンサー系)
3着モズカッチャン(5)ハービンジャーキングカメハメハ

 

2018馬名父馬母父馬
1着アーモンドアイ(1)ロードカナロアサンデーサイレンス
2着ミッキーチャーム(5)ディープインパクトデインヒル
3着カンタービレ(3)ディープインパクトGalileo(サドラーズウェルズ系)

 

2019馬名父馬母父馬
1着クロノジェネシス(4)バゴクロフネ
2着カレンブーケドール(2)ディープインパクトScat Daddy(ストームキャット系)
3着シゲルピンクダイヤ(10)ダイワメジャーHigh Chaparral(サドラーズウェルズ系)

 

スポンサーリンク

出走馬の調教時計(直前追い切り)

馬名調教コースタイム
リアアメリア(川田)栗東・CW(良)6F(ー)5F(69.2)4F(52.4)3F(37.9)1F(11.8)
ムジカ(助手)栗東・坂路(良)4F(53.0)3F(38.7)2F(25.5)1F(13.0)
ミヤマザクラ(助手)栗東・坂路(良)4F(51.8)3F(37.4)2F(24.6)1F(12.5)
ミスニューヨーク(長岡)栗東・坂路(良)4F(55.4)3F(40.1)2F(25.9)1F(12.5)
マルターズディオサ(助手)美浦・坂路(良)4F(53.3)3F(39.3)2F(25.5)1F(12.5)
マジックキャッスル(大野)美浦・南W(良)6F(ー)5F(68.9)4F(53.4)3F(39.5)1F(12.7)
ホウオウピースフル(助手)美浦・南B(やや重)6F(ー)5F(ー)4F(52.3)3F(37.5)1F(12.1)
フィオリキアリ(助手)栗東・坂路(良)4F(53.5)3F(38.4)2F(25.3)1F(12.8)
パラスアテナ(坂井)美浦・南芝(良)6F(ー)5F(65.2)4F(49.8)3F(37.4)1F(12.4)
ダンツエリーゼ(太宰)栗東・CW(良)6F(81.2)5F(65.7)4F(51.1)3F(38.7)1F(12.8)
デアリングタクト(松山)栗東・坂路(良)4F(54.7)3F(39.4)2F(25.6)1F(12.7)
サンクテュエール(団野)美浦・南芝(良)6F(ー)5F(ー)4F(51.9)3F(37.6)1F(11.9)
オーマイダーリン(助手)栗東・坂路(良)4F(53.4)3F(38.8)2F(25.3)1F(12.8)
ソフトフルート(鮫島良)栗東・CW(良)6F(81.7)5F(66.9)4F(52.2)3F(38.6)1F(12.5)
クラヴァシュドール(助手)栗東・CW(良)6F(85.7)5F(68.9)4F(53.5)3F(39.2)1F(11.8)
ウインマリリン(横山武)美浦・南W(良)5F(67.4)4F(52.2)3F(38.2)1F(11.8)
ウインマイティー(助手)栗東・坂路(良)4F(54.0)3F(38.9)2F(25.3)1F(12.3)
アブレイズ(藤井)栗東・坂路(良)4F(53.6)3F(39.1)2F(24.8)1F(12.3)

 

スポンサーリンク

予想と勝負馬券

本命は◎①ミヤマザクラ

オークス7着以来の実践となりますが、桜花賞は馬場、オークスは距離と、京都コースに変わるのはこの馬にとっては大幅にプラス。

調教の動きも抜群でしたし、土曜日絶好調の福永騎手に期待!

 

対抗○⑬デアリングタクト

この馬はどうしようもない…オークスであんな不利を受けながら上がり33.1って化物でしょう(笑)。

 

▲⑦ムジカ

穴ならこの馬。未勝利を勝つまでに時間がかかりましたが、常に安定して追い込んでくる馬でクラスが上がっても相手なりに走れるのが強み。

 

△②リアアメリア、③マルターズディオサ、⑤ウインマイティー、⑫マジックキャッスル、⑭オーマイダーリン、⑰ウインマリリン

 

3連複

①⑬-②③⑤⑦⑫⑭⑰

ワイド

⑦-①⑬

これで勝負!

 

スポンサーリンク

結果

1着:⑬デアリングタクト

2着:⑫マジックキャッスル

3着:⑧ソフトフルート

 

デアリングタクトが見事に無敗の3冠制覇を達成し歴史的快挙となりましたね。

馬券は外れたものの、久しぶりに興奮するレースが見られて満足です。

今週は、こちらも無敗での3冠制覇がかかるコントレイルが出走する菊花賞が開催されます。父ディープインパクト以来の偉業を達成できるか非常に楽しみな1戦ですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました