スプリングステークスG2 2020 予想と勝負馬券|結果

競馬

こんにちは。ノブです。

今回は皐月賞トライアルの「スプリングステークスG2」を予想していきたいと思います。

過去にはステルヴィオやウインブライト、キタサンブラックなど、そうそうたる馬が優勝してきた出世レースでもありますね。

今年はこのレースから出世する馬が出るのか?楽しみな一戦です。

 

スポンサーリンク

出馬表

馬番馬名性齢騎手前走
1エン牡3柴田 大知共同通信杯 7着
2シルバーエース牡3横山 典弘つばき賞 3着
3ヴェルトライゼンデ牡3池添 謙一ホープフルS 2着
4ココロノトウダイ牡3丸山 元気共同通信杯 5着
5ファルコニア牡3M.デムーロあすなろ賞 1着
6ガミラスジャクソン牡3鴨宮 祥行
園田ユースカ 5着
7ガロアクリーク牡3L.ヒューイットソン水仙賞 4着
8アオイクレアトール牡3田辺 裕信1勝クラス 2着
9サクセッション牡3三浦 皇成ジュニアC 1着
10ラグビーボーイ牡3北村 宏司セントポーリ 8着

 

データ分析

コースの特徴

ホームストレッチの上り坂からスタート。1コーナーまでの距離は約200メートルと短い。加えて、決勝線から1コーナーの途中までも上り。

1コーナー過ぎから向正面半ばまで緩く下り、3から4コーナーにかけてはほぼ平坦が続いて、最後の直線は310メートル。直線の半ばには急勾配(高低差2.2メートル)の上りがある。

2014年の路盤改修後、従来より上がりが出やすく(速く)なった感はあるものの、前半から負荷がかかるため、JRAの芝1800メートルの中ではタフなコースと言える。ダート中距離のようなパワーが要求されやすく、パワー型の先行馬が走りやすいコースだ。

JRA公式サイト

 

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【2-2-0-9】

2枠【1-1-1-12】

3枠【3-1-1-11】

4枠【0-3-0-14】

5枠【1-1-1-15】

6枠【1-1-3-15】

7枠【0-1-1-19】

8枠【2-0-3-16】

 

枠順傾向的には内が有利な感じですが、今年は少頭数ですのでそれほど気にしなくても良さそうです。

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

朝日杯FS組【2-2-2-7】

共同通信杯組【1-3-0-16】

きさらぎ賞組【1-1-1-2】

あすなろ賞組【1-1-0-2】

ラジNIK杯組【1-0-0-1】

 

朝日杯組が好成績ですが、今年は該当馬がいません…

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【3-4-2-1】

2番人気【1-1-1-7】

3番人気【2-2-0-6】

4番人気【1-1-1-7】

5番人気【2-1-0-7】

 

1番人気の複勝率は90%で堅実です。

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【1-1-0-9】

先行【5-3-4-25】

差し【4-6-5-38】

追込【0-0-1-38】

 

先行、差し馬が優勢。極端な追い込みは届きません。

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着キタサンブラック(5)ブラックタイドサクラバクシンオー
2着リアルスティール(1)ディープインパクトストームキャット
3着ダノンプラチナ(2)ディープインパクトUnbridled’s Song(ファピアノ系)

 

2016馬名父馬母父馬
1着マウントロブソン(4)ディープインパクトMr.Greeley(ゴーンウエスト系)
2着マイネルハニー(5)マツリダゴッホナリタブライアン
3着ロードクエスト(1)マツリダゴッホチーフベアハート(ダンジグ系)

 

2017馬名父馬母父馬
1着ウインブライト(5)ステイゴールドアドマイヤコジーン(カロ系)
2着アウトライアーズ(2)ヴィクトワールピサフレンチデピュティ
3着プラチナヴォイス(6)エンパイアメーカーマンハッタンカフェ

 

2018馬名父馬母父馬
1着ステルヴィオ(1)ロードカナロアファルブラブ
2着エポカドーロ(3)オルフェーヴルフォーティナイナー
3着マイネルファンロン(6)ステイゴールドロージズインメイ

 

2019馬名父馬母父馬
1着エメラルファイト(10)クロフネスペシャルウィーク
2着ファンタジスト(1)ロードカナロアディープインパクト
3着ディキシーナイト(7)ダイワメジャーホワイトマズル

 

 

スポンサーリンク

 

予想と勝負馬券

さぁ、ではスプリングステークスの予想をしていきたいと思います。

 

僕の本命は◎⑧アオイエクレールにしました!

近年と今週の傾向からキングマンボの血を持つ馬の好走が目立ちます。また母父のアグネスタキオンも好走血統に該当します。

中山は初めてとなりますが、この人気なら狙ってみたいですね!

 

対抗○⑨サクセッション

この馬も◎馬と同様、キングカメハメハ産駒で、前走「ジュニアカップ」は相当強い勝ち方でした。

強いて挙げるならマーフィー騎手から三浦騎手への乗り代わりが不安ですね。

 

▲③ヴェルトライゼンテ

ホープフルステークス2着からの参戦で断然の一番人気ですね。

池江×池添ということで中山は得意コースなので馬券には絡むでしょう。

 

△④ココロノトウダイ

△⑤ファルコニア

 

勝負馬券

馬連:⑧-③④⑤⑨

3連複:⑧-③⑨-③④⑤⑨

これで勝負したいと思います!

 

結果

1着:⑦ガロアクリーク

2着:③ヴェルトライゼンテ

3着:⑨サクセッション

 

本命のアオイクレアトールが5着でハズレ…

超スローペースでの瞬発力勝負で末脚を炸裂させたガロアクリークが1着となり、断然の1番人気ヴェルトライゼンテが2着でしたね。

ただ、皐月賞ではヴェルトライゼンテの方が期待できそうですし、勝ったガロアクリークは皐月賞よりもNHKマイルに出走してきたら注目したいと思います。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました