優駿牝馬(オークス)G1 2020 予想と勝負馬券|結果

競馬

今回は、東京2400m(芝)で行われる「優駿牝馬(オークス)」の予想をしていきたいと思います。

3歳牝馬にとって過酷な2400mの距離への対応が求められるレースですね。

桜花賞を圧倒的なパフォーマンスで勝ったデアリングタクトが断然人気になりそうですが、果たして?

 

スポンサーリンク

出馬表

 

データ分析

コースの特徴

JRA公式サイト

日本ダービー、ジャパンカップ、オークスといった主要なGⅠレースが行われる東京・芝2400メートルは、「JRAのチャンピオンコース」と言われる。

ホームストレッチのスタート地点から1コーナーまでの距離は約350メートル。ゴール板を過ぎてから、1コーナー、2コーナー、向正面の半ばまで緩やかに下っていく。

その後急な上り勾配があるが、それを越えると3コーナーまで下り。最後の直線は525.9メートル。直線に向いてすぐに約160メートルの上り坂(高低差2.0メートル)があり、ゴールまでの残り約300メートルはほぼ平坦となる。

2000メートル近く走った後に坂を上り、そこからさらに加速する必要があるタフな構造。直線でのスピード能力、2400メートルをこなすスタミナ、インを回る操縦性の良さといった、総合的な能力が問われるコースだ。

 

スポンサーリンク

 

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【1-2-3-14】

2枠【3-0-1-14】

3枠【0-0-2-18】

4枠【0-0-0-20】

5枠【2-3-0-15】

6枠【0-0-1-19】

7枠【3-3-1-23】

8枠【2-1-2-25】

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

桜花賞組【7-4-5-63】

忘れな草賞組【3-0-0-7】

フローラS組【1-4-4-37】

スイートピー組【0-1-0-17】

皐月賞組【0-0-1-0】

 

桜花賞組とフローラS組が好成績。

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【5-2-1-2】

2番人気【1-2-4-3】

3番人気【2-0-1-7】

4番人気【0-1-0-9】

5番人気【1-1-1-7】

 

1番人気の複勝率は80%、2番人気の複勝率は70%と、上位人気は安定した成績。

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【0-1-0-9】

先行【1-3-1-30】

差し【8-3-9-64】

追込【2-2-0-45】

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着ミッキークイーン(3)ディープインパクトGold Away(ヌレイエフ系)
2着ルージュバック(1)マンハッタンカフェAwesome Again(ヴァイスリージェント系)
3着クルミナル(6)ディープインパクトCandy Stripes(ブラッシンググルーム系)

 

2016馬名父馬母父馬
1着シンハライト(1)ディープインパクトSingspiel(サドラーズウェルズ系)
2着チェッキーノ(2)キングカメハメハサンデーサイレンス
3着ビッシュ(5)ディープインパクトAcatenango(エクリプス系)

 

2017馬名父馬母父馬
1着ソウルスターリング(1)フランケルMonsun(ブランドフォード系)
2着モズカッチャン(6)ハービンジャーキングカメハメハ
3着アドマイヤミヤビ(2)ハーツクライクロフネ

 

2018馬名父馬母父馬
1着アーモンドアイ(1)ロードカナロアサンデーサイレンス
2着リリーノーブル(4)ルーラーシップクロフネ
3着ラッキーライラック(2)オルフェーブルFlower Alley(フォーティナイナー系)

 

2019馬名父馬母父馬
1着ラヴズオンリーユー(1)ディープインパクトストームキャット
2着カレンブーケドール(12)ディープインパクトScat Daddy(ストームキャット系)
3着クロノジェネシス(2)バゴ(ブラッシンググルーム系)クロフネ

 

ディープインパクトはやはりこの距離だと活躍しますね。

また、母系にクロフネやストームキャット持ちの馬の好走が目立ちます。

 

スポンサーリンク

 

出走馬の調教時計(直前追い切り)

馬名調教コースタイム
デゼル(助手)栗東・坂路(良)4F(54.2)3F(39.4)2F(25.7)1F(12.6)
クラバシュドール(助手)栗東・CW(良)6F(86.8)5F(70.5)4F(54.9)3F(39.8)1F(11.7)
アブレイズ(藤井)栗東・坂路(良)4F(55.4)3F(41.7)2F(26.8)1F(12.7)
デアリングタクト(松山)栗東・坂路(良)4F(55.0)3F(40.1)2F(26.0)1F(12.8)
ホウオウピースフル(助手)美浦・南W(良)6F(-)5F(70.6)4F(54.1)3F(39.3)1F(12.3)
リアアメリア(助手)栗東・CW(良)6F(-)5F(ー)4F(52.2)3F(38.2)1F(11.8)
ウインマイティー(和田)栗東・坂路(良)4F(53.7)3F(39.4)2F(25.3)1F(12.6)
スマイルカナ(柴田大)美浦・南W(良)6F(-)5F(70.9)4F(55.1)3F(40.2)1F(11.6)
インターミッション(石川)美浦・南W(重)6F(-)5F(67.9)4F(52.9)3F(39.1)1F(12.0)
ミヤマザクラ(岩田望)栗東・坂路(良)4F(56.3)3F(39.5)2F(25.1)1F(12.2)
リリーピュアハート(福永)栗東・坂路(良)4F(53.5)3F(39.2)2F(25.8)1F(12.8)
マジックキャッスル(助手)美浦・坂路(重)4F(52.3)3F(38.0)2F(25.1)1F(12.5)
ウーマンズハート(助手)栗東・坂路(良)4F(52.2)3F(38.2)2F(25.0)1F(12.8)
フィオリキアリ(藤井)栗東・坂路(良)4F(55.7)3F(40.7)2F(26.1)1F(12.6)
チェーンオブラブ(石橋)美浦・南W(重)6F(ー)5F(67.0)4F(51.8)3F(38.2)1F(12.4)
ウインマリリン(横山武)美浦・南W(重)6F(ー)5F(67.9)4F(52.9)3F(39.1)1F(11.8)
マルターズディオサ(嶋田)美浦・南W(重)6F(ー)5F(68.1)4F(53.1)3F(39.3)1F(11.8)
サンクテュエール(北村宏)美浦・南W(重)6F(ー)5F(ー)4F(57.9)3F(42.0)1F(12.8)

 

スポンサーリンク

予想と勝負馬券

では優駿牝馬(オークス)の予想をしていきたいと思います。

僕の本命は◎②クラバシュドールにしました。

桜花賞のときからオークスはこの馬と決めていた馬で、枠も絶好のところを引きましたし、調教の動きも申し分なし!

前走は不利があっての4着で馬場も悪かったですし、距離延長もこの馬にとってはプラスになりそうということで、この馬から勝負!

 

対抗は○④デアリングタクト

まぁ、この馬はしょうがない気がします。2400mはまったくプラスではないですけど、それはどの馬も同じですからね。

重馬場の桜花賞を1頭だけ違う脚で突き抜けたあのパフォーマンスは本物でしょう。

枠も良いところを引きましたし、騎手がヘグらなければ当然勝ち負け。

 

正直、この2頭以外どの馬もピンとこないんですよね~。

今年は堅いと判断して、この2頭の馬連とワイドで勝負!

まぁ、ワイドは3倍以下になったら買いませんけどね(笑)

 

結果

1着:④デアリングタクト

2着:⑯ウインマリリン

3着:⑦ウインマイティー

 

勝ったデアリングタクトはスムーズな競馬はできなかったけど、最後は桜花賞で見せた1頭だけ違う脚で差しきってさすがに強かったですね。

本命にしたクラバシュドールは早めの競馬でしたが早々に失速してジ・エンド…

2,3着には人気薄のウイン2頭が入ってそれなりの配当になりました。この2頭は「フローラS」勝ちと「忘れな草賞」勝ちで、桜花賞組以外ではオークスとの相性の良いステップレースだったんですけどね~。

さぁ、次はいよいよ日本ダービー!絶対当てるぞ!

 

▼おウチ競馬をお得に楽しむオススメの方法▼

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました