根岸ステークスG3 2020 予想と勝負馬券|結果

競馬

こんにちは。ノブです。

今週はダートG1「フェブラリーステークス」へとつながる「根岸ステークス」が開催されますね。

 

昨年の勝ち馬コパノキッキングが断然の1番人気となっていますが果たして連覇なるのか?

伏兵馬の台頭はあるのか?

 

最近めちゃくちゃ調子が悪いですけど、しっかりと予想してバシッと当てたいですね!

 

スポンサーリンク

出馬表

馬番馬名性齢騎手前走
1テーオージーニアス牡5(56)川須 栄彦カペラS 2着
2テーオーヘリオス牡8(56)石川 裕紀人すばるS 2着
3ミッキーワイルド牡5(56)M.デムーロ霜月S 1着
4ワンダーリーデル牡7(57)横山 典弘チャンピオン 11着
5コパノキッキングせん5(58)O.マーフィーカペラS 1着
6ワイドファラオ牡4(58)福永 祐一チャンピオン 14着
7スマートアヴァロン牡8(56)石橋 脩すばるS 3着
8ブルベアイリーデ牡4(56)丸山 元気すばるS 5着
9カフジテイク牡8(56)津村 明秀ギャラクシー 7着
10ノボバカラ牡8(56)内田 博幸兵庫GT 4着
11モズアスコット牡6(58)C.ルメール
マイルCS 14着
12アードラー牡6(56)F.ミナリクすばるS 4着
13ヨシオ牡7(56)佐藤 友則ジャニュアリ 1着
14サングラス牡9(56)北村 宏司
すばるS 8着
15ダノンフェイス牡7(56)田辺 裕信すばるS 1着
16ドリームキラリ牡8(56)坂井 瑠星霜月S 4着

 

データ分析

コースの特徴

JRAのダート1400メートルの中で唯一、ダートからスタートするコース(中京・京都・阪神は芝からスタート)。

スタート後に上りがあり、その後3コーナーまで緩やかに下る。4コーナーを回って、最後の直線は501.6メートル。

ダートコースの直線としてはJRAでもっとも長く、直線へ向いてすぐに坂も待ち受ける。前半は比較的ゆったりと流れて、上がりが速くなるケースが多い。

“中距離タイプ”は1400メートルの流れに乗れる馬、“スプリンタータイプ”は直線でスピードを持続できる馬が好走しやすい。

JRA公式サイト

 

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【1-1-3-14】

2枠【1-1-0-17】

3枠【2-3-0-15】

4枠【2-1-1-16】

5枠【1-3-0-16】

6枠【1-0-2-17】

7枠【0-1-4-15】

8枠【2-0-0-17】

 

中枠が好成績ですが、枠順はそこまで気にしなくても良いかも。

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

武蔵野S組【3-0-1-5】

ギャラクシー組【2-2-0-9】

チャンピオン組【2-1-2-5】

カペラS組【2-1-1-23】

エニフS組【1-0-0-0】

 

前走が1400m未満だった馬は【2-2-1-53】、そのうち2着以下だった馬は【0-0-1-46】なので、前走が1400m未満だった馬は1着馬を重視。

また過去6年で前走との間隔が中3週以内の馬は【0ー0ー0ー26】なので、今年もこのデータが有効であるならだいぶ絞れますね。

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【3-3-0-4】

2番人気【2-1-1-6】

3番人気【0-3-0-7】

4番人気【2-0-2-6】

5番人気【1-0-3-6】

 

上位人気馬の成績は今ひとつの印象。

6~10番人気は【1-3-3-43】、11番人気以下は【1-0-1-55】なので妙味は6~10番人気辺りにありそう。

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【0-0-0-10】

先行【1-4-2-33】

差し【4-4-4-46】

追込【5-2-4-36】

 

逃げ馬は全滅。ダート戦では珍しく差し追込みが有利ですね。

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着エアハリファ(1)Discreet Cat(ストームキャット系)Afternoon Deelites(ダマスカス系)
2着ワイドバッハ(2)アジュディケーティング(ダンジグ系)スキャン(ミスプロ系)
3着アドマイヤロイヤル(15)キングカメハメハサンデーサイレンス

 

2016馬名父馬母父馬
1着モーニン(1)Henny Hughes(ストームキャット系)Distorted Humor(フォーティナイナー系)
2着タールタン(6)タピットGlitterman(ボールドルーラー系)
3着グレープブランデー(10)マンハッタンカフェジャッジアンジェルーチ(ボールドルーラー系)

 

2017馬名父馬母父馬
1着カフジテイク(1)プリサイスエンドスキャン(ミスプロ系)
2着ベストウォーリア(3)Majestic Warrior(エーピーインディ系)Mr.Greeley(ゴーンウエスト系)
3着エイシンバッケン(4)ヨハネスブルグシンボリクリスエス

 

2018馬名父馬母父馬
1着ノンコノユメ(6)トワイニングアグネスタキオン
2着サンライズノヴァ(1)ゴールドアリュールサンダーガルチ
3着カフジテイク(2)プリサイスエンドスキャン(ミスプロ系)

 

2019馬名父馬母父馬
1着コパノキッキング(2)Spring At Last(ヴァイスリージェント系)Gold Halo(ヘイロー系)
2着ユラノト(3)キングカメハメハフジキセキ
3着クインズサターン(5)パイロクロフネ

 

ボールドルーラーを持つ馬の好走が目立ちますね。

 

スポンサーリンク

 

予想と勝負馬券

近年はそれほど荒れることもなく平穏な決着が続いています。

今年は果たしてどうなるのか?

 

僕の本命は◎⑨カフジテイクにしました!

過去にはこのレースで1着、3着と好走していますし、確実に脚を使えますからね。

長期休養明けから調子が上がってきませんが、今回は56Kgで出られるのもプラス。

これだけ人気がないのであればカフジテイクの復活にかけたいと思います。

 

対抗は○③ミッキーワイルド

ダートでは馬券外になったことがないほど安定した成績ですね。

このコースも1400mの距離も得意としていますし、デムーロ騎手も調子が上がってきているので対抗はこの馬。

 

▲⑤コパノキッキング

昨年の勝ち馬で、マーフィー騎手とのコンビで昨年の再現も可能。

1200mからの距離延長ですが、まったく問題なく普通に勝ち負けでしょう。

 

△④ワンダーリーデル

武蔵野ステークスで初重賞制覇をしていますし、この馬は東京コースが本当に得意ですよね。

キャラ的には地味で人気になりずらいですが、このコースなら普通に強いと思います。

 

勝負馬券

 

ワイド・3連複

⑨-③④⑤

 

これで勝負したいと思います!

 

結果

1着:⑪モズアスコット

2着:⑤コパノキッキング

3着:⑦スマートアヴァロン

 

またしても大ハズレ…

競馬向いてないな…(苦笑)

 

それにしてもモズアスコットは初ダートながら強かったですね。

出遅れながら最後はコパノキッキングを1馬身以上突き放しての勝利。さすがは芝のG1勝ち馬。

フェブラリーステークスでは有力な一頭になることは間違いないでしょう。

 

それにしても本当に当たらない…

次週こそはっ!!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました