中山金杯G3 2021 予想と勝負馬券|結果

競馬

明けましておめでとうございます!

2020年はコロナの影響で経験のない年となりましたが、2021年は1日も早くコロナが終息することを願います。

さて、年の初めは金杯ですね!

今年は京都金杯が中京開催ということで過去の傾向などがまったく使えないので、中山金杯に絞って予想したいと思います。

金杯で乾杯といきたいところですね♪

 

昨年の結果はこちら↓

中山金杯G3 2020 予想と勝負馬券|結果
明けましておめでとうございます。ノブです。 今年も趣味のパチンコ・パチスロ実践、競馬予想をゆる~く書いていきたいと思います。 新年一発目といえば東西金杯ですよね! 「一年の計は金杯にあり」という言葉もあるように、こ...

 

スポンサーリンク

出馬表

 

データ分析

コースの特徴

JRA公式サイト

ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約400メートル。スタート直後に急勾配の上りがあり、1コーナーの途中までは上りが続く。そこから向正面半ばまでが緩い下りで、3コーナー、4コーナーにかけてはほぼ平坦。最後の直線は310メートルだが、直線の半ばには再び急勾配の上りが待ち受ける。芝2000メートルのコースの中では、中京と並びタフな構造と言えるが、2014年の路盤改修後は、3コーナーからスピードに乗りやすくなった印象を受ける。2度の直線の坂越えをこなすパワーがある馬の中で、3コーナーから直線でスピードを持続できる馬ほど、好走しやすいコースと言えるだろう。

 

スポンサーリンク

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【1-1-3-13】

2枠【2-4-0-12】

3枠【3-0-2-14】

4枠【2-1-1-16】

5枠【0-1-1-18】

6枠【2-2-3-12】

7枠【0-0-0-20】

8枠【0-1-0-22】

 

過去10年で7・8枠で馬券に絡んだのは1頭のみ。

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

金鯱賞組【2-1-0-6】

ディセンバー組【1-3-1-24】

マイルCS組【1-2-0-1】

チャレンジC組【1-1-3-10】

福島記念組【1-1-1-15】

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【3-1-3-3】

2番人気【3-1-0-6】

3番人気【2-0-0-8】

4番人気【1-2-1-6】

5番人気【1-1-3-5】

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【0-1-1-9】

先行【6-7-2-23】

差し【4-2-6-48】

追込【0-0-1-47】

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2016馬名父馬母父馬
1着ヤマカツエース(3)キングカメハメハグラスワンダー
2着マイネルフロスト(5)ブラックタイドグラスワンダー
3着フルーキー(1)Redoute’s Choice(デインヒル系)サンデーサイレンス

 

2017馬名父馬母父馬
1着ツクバアズマオー(1)ステイゴールドGiant’s Causeway(ストームキャット系)
2着クラリティスカイ(6)クロフネスペシャルウィーク
3着シャイニープリンス(4)キングヘイローリンドシェーバー(レイズアネイティヴ系)

 

2018馬名父馬母父馬
1着セダブリランテス(1)ディープブリランテブライアンズタイム
2着ウインブライト(2)ステイゴールドアドマイヤコジーン
3着ストレンジクォーク(10)メイショウサムソンアグネスタキオン

 

2019馬名父馬母父馬
1着ウインブライト(3)ステイゴールドアドマイヤコジーン
2着ステイフーリッシュ(7)ステイゴールドキングカメハメハ
3着タニノフランケル(9)フランケルタニノギムレット

 

2020馬名父馬母父馬
1着トリオンフ(2)タートルボウルダンスインザダーク
2着ウインイクシード(6)マンハッタンカフェボストンハーバー(シアトルスルー系)
3着テリトーリアル(11)Teofilo(サドラーズウェルズ系)Street Cry(マキアヴェリアン系)

 

スポンサーリンク

予想と勝負馬券

本命は◎②テリトーリアル

昨年の3着馬。好走血統であるサドラーズウェルズ系、先行して持続力あり、絶好枠を引き当てて条件は揃いました。

ただ、そのせいか、前日段階でまさかの3番人気…

本当はこの馬の複勝1本勝負でいこうと思っていたのですが、さすがにこのオッズでは買えないので、相手4頭に馬連とワイドで流したいと思います。

 

相手③⑨⑭⑰

 

スポンサーリンク

結果

1着:⑨ヒシイグアス

2着:③ココロノトウダイ

3着:⑯ウインイクシード

 

超スローペースで逃げたロザムールが4着、2番手のウインイクシードが3着になる展開で、持続力を生かす本命のテリトーリアルは出番なしとなってしまいました。

年の初めは金杯で乾杯といきたかったですが達成ならず…

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました