共同通信杯G3 2020 予想と勝負馬券|結果

競馬

こんにちは。ノブです。

今回は春のクラシックへとつながる「共同通信杯G3」を予想していきたいと思います。

 

過去にはダノンキングリーが皐月賞3着、ダービー2着、スワーブリチャードがダービー2着、ディーマジェスティが皐月賞1着、ダービー3着、イスラボニータが皐月賞1着、ダービー2着と、ここを勝った馬が後のクラシック戦線で大活躍しています。

今年も共同通信杯から春のクラシックで活躍できるのか?注目の一戦ですね。

 

スポンサーリンク

出馬表

馬番馬名性齢騎手前走
1エン牡3柴田 大知雪模様(川崎)1着
2ビターエンダー牡3F.ミナリク京成杯 4着
3ココロノトウダイ牡3丸山 元気きんもくせい 1着
4シングンバズーカ牡3柴田 善臣未勝利(中山)1着
5アジュバント牡3幸 英明
1勝クラス(東京ダ)11着
6ダーリントンホール牡3C.ルメール葉牡丹賞 3着
7フィリオアレグロ牡3M.デムーロ新馬(東京)1着
8マイラプソディ牡3武 豊京都2歳S 1着
9シコウ牡3木幡 巧也
ジュニアC 10着

 

データ分析

コースの特徴

2コーナーに向かって斜めにスタートするレイアウト。2コーナーまでの距離が短いため、外めを通らされると不利になる。向正面半ばに上りがあり、そこから3コーナーにかけては下り。

直線は525.9メートル。直線に向いてすぐに約160メートルの上り(高低差2.0メートル)があり、その後300メートルはほぼ平坦。

前半はゆったりと流れ、上がり勝負になることが多い。最初の2コーナーでうまく流れに乗れる器用さがあって、直線に末脚を温存できるタイプが好走しやすい。

芝1800メートルはGⅠレースが行われない距離で独特の適性が要求されるため、器用に立ち回れる“1800メートル巧者”が実績馬を負かすケースも多い。

JRA公式サイト

 

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【3-1-0-6】

2枠【1-2-0-7】

3枠【1-1-0-9】

4枠【1-1-5-6】

5枠【3-1-0-11】

6枠【0-1-2-14】

7枠【1-2-2-14】

8枠【0-1-1-16】

 

枠順による有利不利はあまりなさそうですね。

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

東スポ2歳S組【2-1-1-2】

ホープフルS組【1-1-2-7】

ラジNIK杯組【1-1-1-3】

若駒S組【1-1-0-0】

ひいらぎ賞組【1-0-0-0】

 

ちなみに、前走4着以下だった馬は【0-1-3-42】なので、前走で大敗している馬は評価を下げた方がよさそう。

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【1-3-2-4】

2番人気【2-2-1-5】

3番人気【4-2-2-2】

4番人気【1-0-2-7】

5番人気【0-1-1-8】

 

1番人気の馬は過去10年で1勝のみとなっています。

今年はマイラプソディが断然の人気となっていますが果たして…

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【0-2-1-8】

先行【6-4-7-19】

差し【2-4-1-21】

追込【2-0-1-35】

 

セオリー通り、先行・差し馬が中心。

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着リアルスティール(3)ディープインパクトストームキャット
2着ドゥラメンテ(1)キングカメハメハサンデーサイレンス
3着アンビシャス(4)ディープインパクトエルコンドルパサー

 

2016馬名父馬母父馬
1着ディーマジェスティ(6)ディープインパクトブライアンズタイム
2着イモータル(5)マンハッタンカフェAcatenango(エクリプス系)
3着メートルダール(3)ゼンノロブロイシルバーホーク

 

2017馬名父馬母父馬
1着スワーヴリチャード(2)ハーツクライUnbridled’s Song(ファピアノ系)
2着エトルディーニュ(6)エイシンサンディオペラハウス(サドラーズウェルズ系)
3着ムーヴザワールド(1)ディープインパクトサドラーズウェルズ

 

2018馬名父馬母父馬
1着オウケンムーン(6)オウケンブルースリエリシオ(ノーザンダンサー系)
2着サトノソルタス(3)ディープインパクトPetionville(シーキングザゴールド系)
3着エイムアンドエンド(10)エイシンフラッシュサンデーサイレンス

 

2019馬名父馬母父馬
1着ダノンキングリー(3)ディープインパクトストームキャット
2着アドマイヤマーズ(1)ダイワメジャーMedicean(マキアヴェリアン系)
3着クラージュゲリエ(4)キングカメハメハタニノギムレット

 

毎年のように母系にサドラーズウェルズの血を持つ馬が好走しています。

今年の該当馬はシコウなのですけど、さすがに買えないな…

 

スポンサーリンク

 

予想と勝負馬券

さぁ、では共同通信杯の予想をしていきたいと思います。

 

本命は◎④シングンバズーカにしました!

シングオペラ産駒(サドラーズウェルズ系)ということで、この時期の東京では買いの一頭だと思います。

確実に差してこれる脚も魅力ですし、土曜日に珍しく(オイッ!)活躍していた柴田善臣騎手の手腕にかけたいと思います。

 

対抗は○⑧マイラプソディ

まぁ、この馬はしょうがないですね。中京、阪神、京都と3戦して全て上がり最速で勝利。

クイーンカップを勝ったミヤマザクラを前走で2馬身以上離していますし、普通に勝ち負けでしょう。

 

▲⑦フィリオアレグロ

サトノクラウンの半弟で、デムーロ×堀コンビの馬。

素質は高いので、馬場が渋ればこの馬が勝つかも。

 

勝負馬券

ワイド

④-⑦⑧

荒れる気配がまったくしないので、ここは本命馬が来てくれる事を祈ってこれで勝負したいと思います!

 

結果

1着:⑥ダーリントンホール

2着:②ビターエンダー

3着:⑦フィリオアレグロ

 

上位人気の決着ながら断然人気のマイラプソディが4着という結果でそこそこの配当になりましたね。

本命のシングンバズーカも頑張ったんだけどな~…

マイラプソディは馬場とスローペースに泣いた形となりましたが、ハーツクライ産駒の成長力があるので次走にも期待ですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました