京都記念G2 2020 予想と勝負馬券|結果

競馬

こんにちは。ノブです。

今回は春のG1へとつながる「京都記念G2」を予想していきたいと思います。

 

今年は少頭数となり、4歳牝馬の2頭が人気を被る形となっていますが、過去にはジェンティルドンナやハープスター、モズカッチャンなど、人気の牝馬が馬券外となっているレースですが果たして今年はどうなるのか?

 

スポンサーリンク

出馬表

馬番馬名性齢騎手前走
1カレンブーケドール牝4(53)津村 明秀
ジャパンC 2着
2プリンスオブペスカ牡6(56)藤井 勘一郎日経新春杯 5着
3クラージュゲリエ牡4(55)川田 将雅東京優駿 6着
4アメリカズカップ牡6(56)和田 竜二アンドロメダ 7着
5ステイフーリッシュ牡5(56)岩田 康誠AJCC 2着
6アルメリアブルーム牝6(54)S.フォーリー愛知杯 2着
7クロノジェネシス牝4(54)北村 友一エリザベス杯 5着
8ドレッドノータスせん7(57)坂井 瑠星天皇賞(秋) 16着
9ノーブルマーズ牡7(56)A.シュタルケ日刊中山金杯 4着
10ガンコ牡7(56)松田 大作巴賞 13着

 

データ分析

コースの特徴

スタート地点から1コーナーまでの距離は約400メートル。1コーナーまでにすんなりとポジションが決まることが多く、決まった隊列のまま淡々と流れやすい。

3コーナーの下りあたりからペースが上がり、直線は平坦。一瞬の脚を要求されるレースより、後半長く脚を使い続けることが要求されるレースになりやすい。

京都の芝は移動柵がAからDコースまでとれるため、良好なコンディションが保たれやすく、終始インコースの良い状態が続きやすい。

クラシックレースやジャパンカップとは異なる距離、コースで、独特の適性が問われる舞台。この距離を得意とする“2200メートル巧者”が実績馬を負かすケースも多い。

JRA公式サイト

 

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【0-2-0-8】

2枠【1-0-1-9】

3枠【1-0-1-9】

4枠【2-2-1-7】

5枠【0-1-1-13】

6枠【3-0-1-13】

7枠【0-3-1-15】

8枠【3-2-4-11】

 

8枠の好走確率がかなり高いですね。まぁ今年は少頭数なのであまり関係ないと思いますけど。

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

有馬記念組【3-1-4-6】

香港ヴァーズ組【2-2-0-0】

天皇賞(秋)組【1-1-0-0】

菊花賞組【1-1-0-2】

中山金杯組【1-1-0-5】

 

さすがに前走G1組の好走確率は高いですね。

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【2-2-2-4】

2番人気【0-1-5-4】

3番人気【2-4-1-3】

4番人気【1-1-2-6】

5番人気【1-2-0-7】

 

基本的には上位人気が強いレースで、過去10年で馬連、3連複ともに万馬券は一度もありません。

ちなみに7番人気以下は【0-0-0-55】となっています。

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【1-1-1-9】

先行【8-4-5-23】

差し【1-4-2-19】

追込【0-1-2-34】

 

先行できる馬を重視。過去5年の勝ち馬は全て4コーナー4番手以内で通過しています。

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着ラブリーデイ(3)キングカメハメハダンスインザダーク
2着スズカデヴィアス(4)キングカメハメハサンデーサイレンス
3着キズナ(2)ディープインパクトストームキャット

 

2016馬名父馬母父馬
1着サトノクラウン(6)Marju(ノーザンダンサー系)Rossini(ミスワキ系)
2着タッチングスピーチ(3)ディープインパクトサドラーズウェルズ
3着アドマイヤデウス(4)アドマイヤドン(ウッドマン系)サンデーサイレンス

 

2017馬名父馬母父馬
1着サトノクラウン(3)Marju(ノーザンダンサー系)Rossini(ミスワキ系)
2着スマートレイヤー(5)ディープインパクトホワイトマズル
3着マカヒキ(1)ディープインパクトフレンチデピュティ

 

2018馬名父馬母父馬
1着クリンチャー(4)ディープスカイブライアンズタイム
2着アルアイン(3)ディープインパクトEssence of Dubai(エーピーインディ系)
3着レイデオロ(1)キングカメハメハシンボリクリスエス

 

2019馬名父馬母父馬
1着ダンビュライト(6)ルーラーシップサンデーサイレンス
2着ステイフーリッシュ(1)ステイゴールドキングカメハメハ
3着マカヒキ(2)ディープインパクトフレンチデピュティ

 

こうやってみると重い馬場が得意な馬の好走が目立ちますね。

切れる脚というよりは長く脚が使える馬を重視したい。

 

スポンサーリンク

 

予想と勝負馬券

さぁ、では京都記念の予想をしていきたいと思います。

 

本命は◎⑤ステイフーリッシュにしました。

なかなか勝ちきれませんが、重賞でも安定して走っています。

昨年の同レースでも2着に好走していますし、同コースの京都新聞杯を勝っていることからもコース適性は抜群でしょう。

重馬場が不安材料ですが、この馬から勝負したいと思います!

 

対抗は○⑥アルメリアブルーム

前走の愛知杯では重馬場の中タイム差なしの2着。

同コースでの好走歴もありますし、重馬場が歓迎のクチなので期待したいですね。

 

▲⑨ノーブルマーズ

宝塚記念3着のように、この馬は上がりがかかる馬場で好走します。

先行して長く脚が使えるので今の馬場はこの馬にぴったりだと思います。

 

勝負馬券

ワイド

⑤-⑥⑨

波乱もあまり期待できそうにないのでこれで勝負したいと思います!

 

結果

1着:⑦クロノジェネシス

2着:①カレンブーケドール

3着:⑤ステイフーリッシュ

 

ここは1ー2ー3番人気のガチガチ決着。本命のステイフーリッシュもあの競馬で負けたのなら仕方ありません。

さすがに1,2着馬の牝馬2頭はレベルが1枚も2枚も上でしたね。

どっちか飛んでくれないかな~という感じで馬券を買いましたが甘かったです。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました