京都大賞典G2 2020 予想と勝負馬券|結果

競馬

今週は、天皇賞(秋)へとつながる大事な重賞「毎日王冠」と「京都大賞典」が開催されますね。

今年は「本当に毎日王冠?」というくらいのメンバー構成ですので、今週は「京都大賞典」1本に絞って馬券を購入したいと思います!

 

スポンサーリンク

出馬表

 

データ分析

コースの特徴

JRA公式サイト

スタート後、1コーナーまで約600メートル。ホームストレッチを走る距離が長く、前半は速めに流れて、中盤の向正面でペースが落ち着くことが多い。

京都の外回りらしく3コーナーの下りからペースは上がるものの、距離が長いぶんペースアップは緩やか。直線は平坦で上がりは速くなる。

京都の芝は移動柵がAからDコースまでとれるため、良好なコンディションが保たれやすく、終始インコースの良い状態が続く。

スタミナに加えて、インを器用に立ち回れる操縦性、下り坂から加速して直線でトップスピードに乗れる能力が要求される。

 

スポンサーリンク

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【2-1-0-8】

2枠【3-0-2-7】

3枠【1-1-1-10】

4枠【1-1-2-10】

5枠【0-1-1-13】

6枠【1-1-1-12】

7枠【1-3-2-13】

8枠【1-2-1-16】

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

宝塚記念組【5-1-5-11】

新潟記念組【2-1-0-8】

丹頂S組【1-1-0-7】

鳴尾記念組【1-0-0-1】

オールカマー組【1-0-0-4】

 

宝塚記念組は約半数が好走と好成績。

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【3-1-2-4】

2番人気【2-1-3-4】

3番人気【1-0-2-7】

4番人気【1-2-1-6】

5番人気【1-0-2-7】

 

1番人気、2番人気の好走率は高いものの、7番人気以下の伏兵が激走することもあり、順当か波乱か両極端。

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【0-1-0-10】

先行【5-5-4-21】

差し【3-1-6-29】

追込【2-3-0-28】

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着ラブリーデイ(1)キングカメハメハダンスインザダーク
2着サウンズオブアース(2)ネオユニヴァースDixeland Band(ノーザンダンサー系)
3着カレンミロティック(5)ハーツクライエーピーインディ

 

2016馬名父馬母父馬
1着キタサンブラック(1)ブラックタイドサクラバクシンオー
2着アドマイヤデウス(6)アドマイヤドンサンデーサイレンス
3着ラブリーデイ(2)キングカメハメハダンスインザダーク

 

2017馬名父馬母父馬
1着スマートレイヤー(4)ディープインパクトホワイトマズル
2着トーセンバジル(6)ハービンジャーフジキセキ
3着シュバルグラン(1)ハーツクライマキアヴェリアン

 

2018馬名父馬母父馬
1着サトノダイヤモンド(2)ディープインパクトOrpen(ダンジグ系)
2着レッドジェノヴァ(4)シンボリクスエスホワイトマズル
3着アルバート(3)アドマイヤドンダンスインザダーク

 

2019馬名父馬母父馬
1着ドレッドノータス(11)ハービンジャーサンデーサイレンス
2着ダンビュライト(6)ルーラーシップサンデーサイレンス
3着シルヴァンシャー(5)ディープインパクトJade Hunter(ミスプロ系)

 

スポンサーリンク

出走馬の調教時計(直前追い切り)

馬名調教コースタイム
リッジマン(古川)栗東・P(良)6F(79.8)5F(64.5)4F(49.8)3F(36.7)1F(12.0)
モンドインテロ(嶋田)美浦・坂路(良)4F(50.9)3F(37.0)2F(24.7)1F(12.9)
パフォーマプロミス(助手)栗東・坂路(良)4F(54.3)3F(39.2)2F(25.3)1F(12.7)
ドゥオーモ(藤岡康)栗東・坂路(良)4F(53.5)3F(39.1)2F(25.9)1F(12.7)
ミスマンマミーア(池添)栗東・CW(良)6F(84.9)5F(67.4)4F(52.4)3F(38.9)1F(12.1)
シルヴァンシャー(水口)栗東・CW(良)6F(84.8)5F(68.1)4F(52.6)3F(38.8)1F(12.6)
ステイフーリッシュ(藤岡祐)栗東・坂路(良)4F(55.7)3F(41.5)2F(26.8)1F(13.0)
ダンビュライト(助手)栗東・坂路(良)4F(52.9)3F(38.5)2F(25.1)1F(12.6)
タイセイトレイル(川須)栗東・坂路(良)4F(53.3)3F(38.6)2F(25.1)1F(12.7)
キングオブコージ(調教師)栗東・CW(良)6F(82.4)5F(65.5)4F(50.8)3F(37.9)1F(12.6)
キセキ(助手)栗東・坂路(良)4F(52.8)3F(38.4)2F(25.0)1F(12.7)
カセドラルベル(助手)栗東・坂路(良)4F(53.7)3F(38.2)2F(24.7)1F(12.2)
アルバート(助手)栗東・坂路(良)4F(54.2)3F(39.5)2F(25.9)1F(12.9)
バイオスパーク(助手)栗東・CW(良)6F(87.7)5F(71.7)4F(56.4)3F(41.7)1F(12.5)
アイスバブル(藤井)栗東・CW(良)6F(85.8)5F(69.1)4F(54.2)3F(39.7)1F(13.0)
グローリーヴェイズ(助手)美浦・南W(良)5F(67.5)4F(53.2)3F(39.4)1F(12.7)

 

スポンサーリンク

予想と勝負馬券

日曜日は晴れて良馬場で行われそうですね。

 

本命は◎⑥ステイフーリッシュ

G1では足りないですが、G2以下であれば安定して馬券に絡む馬で、京都は京都新聞杯勝ちがあるように得意としている舞台。

先行できる脚質になってからは成績も安定していますし軸には最適かな。

 

○①ダンビュライト

昨年の2着馬。行けばしぶとい馬が絶好枠を引いたので。

 

▲③シルヴァンシャー

昨年の3着馬なのに人気がないですが、昨年の内容だけ見ればここでも通用すると思いますよ。

 

△②キセキ

△⑬グローリーヴェイズ

×⑪バイオスパーク

×⑫ドゥオーモ

 

3連複

⑥-①③-①②③⑪⑫⑬

これで勝負!

 

スポンサーリンク

結果

1着:⑬グローリーヴェイズ

2着:②キセキ

3着:⑰キングオブコージ

 

本命のステイフーリッシュが5着、▲馬のシルヴァンシャーが4着で撃沈…

ていうか、人気と実力通りで決着してしまったのでどうしようもなかったですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました