金鯱賞G2 2020 予想と勝負馬券|結果

競馬

こんにちは。ノブです。

今回は中京競馬場で行われる「金鯱賞G2」を予想していきたいと思います。

毎年G1馬が始動戦として出走してきますが、今年は皐月賞馬のサートゥルナーリア一頭のみということで人気も一本被りしていますが、果たしてどの馬が勝つのか?

 

スポンサーリンク

出馬表

馬番馬名性齢騎手前走
1ケイデンスコール牡4(56)中谷 雄太東京新聞杯 12着
2ラストドラフト牡4(56)吉田 隼人AJCC 3着
3ニシノデイジー牡4(56)田辺 裕信AJCC 6着
4ダイワキャグニー牡6(56)内田 博幸白富士S 7着
5サトノガーネット牝5(54)岩田 望来日経新春杯 6着
6サートゥルナーリア牡4(58)C.ルメール有馬記念 2着
7ギベオン牡5(56)福永 祐一日刊中山金杯 10着
8サトノソルタス牡5(56)藤岡 康太中日新聞杯 5着
9ブレスジャーニー牡6(56)松若 風馬アルデバラン 3着
10ロードマイウェイ牡4(56)川田 将雅チャレンジC 1着
11ジュンヴァルカン牡7(56)柴山 雄一仁川S 14着
12マイネルファンロン牡5(56)丹内 祐次
福島記念 16着

 

データ分析

コースの特徴

ホームストレッチ半ばの上り坂からスタートして、コースを1周するレイアウト。

決勝線を過ぎると1コーナーから2コーナー、向正面の半ばにかけて緩やかな上り勾配となるため、前半1000メートルはほぼ上り坂を走る構造。

その後は3コーナーから4コーナー、直線の入り口まで緩やかに下っていくが、残り340メートル付近から再び急な坂を上るタフなコース。

レース前半を上手く乗り切って、最後の直線でも末脚を伸ばせるだけの体力が要求される。

JRA公式サイト

 

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【1-1-0-11】

2枠【1-0-1-11】

3枠【1-2-2-10】

4枠【1-1-3-12】

5枠【1-0-4-14】

6枠【0-2-1-16】

7枠【3-2-0-14】

8枠【2-2-0-17】

 

枠順による有利不利はあまりなさそうですね。

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

アルゼンチン組【1-0-1-9】

有馬記念組【2-0-0-7】

天皇賞(秋)組【1-2-2-8】

ドバイシーマ組【1-0-0-0】

札幌日経OP組【1-0-0-0】

 

前走G1組を重視。

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【5-1-1-3】

2番人気【1-1-3-5】

3番人気【1-0-1-8】

4番人気【1-1-3-5】

5番人気【1-1-0-8】

 

1番人気の複勝率は高く安定していますね。

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【0-4-0-6】

先行【5-3-2-27】

差し【5-3-7-28】

追込【0-0-2-43】

 

先行、差し馬が優勢。

 

血統傾向

この時期に行われるようになった過去3年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2017馬名父馬母父馬
1着ヤマカツエース(1)キングカメハメハグラスワンダー
2着ロードヴァンドール(7)ダイワメジャーストームキャット
3着スズカデヴィアス(13)キングカメハメハサンデーサイレンス

 

2018馬名父馬母父馬
1着スワーヴリチャード(1)ハーツクライUnbridled’s Song(ファピアノ系)
2着サトノノブレス(8)ディープインパクトトニービン
3着サトノダイヤモンド(2)ディープインパクトOrpen(ダンジグ系)

 

2019馬名父馬母父馬
1着ダノンプレミアム(2)ディープインパクトIntikhab(ロベルト系)
2着リスグラシュー(5)ハーツクライAmerican Post(ネイティブダンサー系)
3着エアウィンザー(1)キングカメハメハサンデーサイレンス

 

スポンサーリンク

 

予想と勝負馬券

ここはぶっちゃけどうしようもない気がしますが…

本命は◎⑥サートゥルナーリアです。

58Kgですが、このメンバーでは1枚も2枚も抜けているでしょう。どうしようもありません(笑)

 

○⑦ギベオン

2018年の中日新聞杯の勝ち馬で、昨年6着ですが、昨年のメンバーに比べれば全然通用してもおかしくないでしょう。

 

▲④ダイワキャグニー

前々走「ジャパンカップ」では見せ場十分の走り。前走は休み明け58Kgということで度外視。この馬の逃げ粘りに期待。

 

△②ラストドラフト

△⑩ロードマイウェイ

 

勝負馬券

3連複・3連単

⑥→④⑦→②④⑦⑩

これで勝負したいと思います!

 

結果

1着:⑥サートゥルナーリア

2着:⑧サトノソルタス

3着:④ダイワキャグニー

 

サトノ…お前さえいなければ…!

これは悔しかったなぁ~…

1着のサートゥルナーリアは左回りがどうのといわれていましたが、さすがにこのメンバーでは抜けていましたね。

次走は大阪杯に出走するのか分かりませんが楽しみです。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました