ジャパンカップG1 2021 予想と勝負馬券|結果

競馬

今週はいよいよ競馬の祭典ジャパンカップが開催しますね!久しぶりの外国馬&ムーア騎手、Cデムーロ騎手の参戦とあって非常に嬉しく、楽しみです♪

今年はコントレイルを筆頭に、シャフリヤール・ワグネリアン・マカヒキの新旧ダービー馬対決も目が離せません!(このうち3頭が福永騎手とダービーを制覇してるのが凄すぎ!)

馬券的には正直堅そうな雰囲気ですが(笑)、好メンバーのジャパンカップを楽しみましょう!

 

昨年の結果はこちら↓

ジャパンカップG1 2020 予想と勝負馬券|結果
ついに実現!最強決定戦! 8冠達成の絶対女王アーモンドアイ 無敗の牡馬3冠馬コントレイル 無敗の牝馬3冠馬デアリングタクト この3頭がいよいよジャパンカップで激突! 見るだけでも楽しみな一戦♪ ...

出馬表

 

データ分析

コースの特徴

JRA公式サイト

日本ダービー、ジャパンカップ、オークスといった主要なGⅠレースが行われる東京・芝2400メートルは、「JRAのチャンピオンコース」と言われる。

ホームストレッチのスタート地点から1コーナーまでの距離は約350メートル。ゴール板を過ぎてから、1コーナー、2コーナー、向正面の半ばまで緩やかに下っていく。その後やや急な上り勾配があるが、それを越えると3コーナーまで下り。

最後の直線は525.9メートル。直線に向いてすぐに約160メートルの上り坂(高低差2.0メートル)があり、ゴールまでの残り約300メートルはほぼ平坦となる。2000メートル近く走った後に坂を上り、そこからさらに加速する必要があるタフな構造。

直線でのスピード能力、2400メートルをこなすスタミナ、インを回る操縦性の良さといった、総合的な能力が問われるコースだ。

 

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【4-3-2-8】

2枠【2-0-2-15】

3枠【1-1-2-16】

4枠【1-1-0-18】

5枠【0-2-0-18】

6枠【0-1-0-19】

7枠【1-0-3-18】

8枠【1-2-1-22】

 

ダービー同様、1枠の成績が圧倒的ですね!

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

天皇賞(秋)組【6-3-8-38】

秋華賞組【2-1-1-2】

京都大賞典組【2-1-0-15】

凱旋門賞組【0-2-0-6】

神戸新聞杯組【0-1-0-0】

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【4-1-2-3】

2番人気【1-2-3-4】

3番人気【2-1-1-6】

4番人気【2-1-0-7】

5番人気【1-2-0-7】

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【1-1-1-7】

先行【5-3-2-28】

差し【4-5-5-54】

追込【0-1-2-44】

 

血統傾向

過去6年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着ショウナンパンドラ(4)ディープインパクトフレンチデピュティ
2着ラストインパクト(7)ディープインパクトティンバーカントリー
3着ラブリーデイ(1)キングカメハメハダンスインザダーク

 

2016馬名父馬母父馬
1着キタサンブラック(1)ブラックタイドサクラバクシンオー
2着サウンズオブアース(5)ネオユニヴァースDixieland Band(ノーザンダンサー系)
3着シュバルグラン(6)ハーツクライマキアヴェリアン

 

2017馬名父馬母父馬
1着シュバルグラン(5)ハーツクライマキアヴェリアン
2着レイデオロ(2)キングカメハメハシンボリクスエス
3着キタサンブラック(1)ブラックタイドサクラバクシンオー

 

2018馬名父馬母父馬
1着アーモンドアイ(1)ロードカナロアサンデーサイレンス
2着キセキ(4)ルーラーシップディープインパクト
3着スワーヴリチャード(2)ハーツクライUnbridled’s Song(ファピアノ系)

 

2019馬名父馬母父馬
1着スワーヴリチャード(3)ハーツクライUnbridled’s Song(ファピアノ系)
2着カレンブーケドール(5)ディープインパクトScat Daddy(ストームキャット系)
3着ワグネリアン(2)ディープインパクトキングカメハメハ

 

2020馬名父馬母父馬
1着アーモンドアイ(1)ロードカナロアサンデーサイレンス
2着コントレイル(2)ディープインパクトUnbridled’s Song(ファピアノ系)
3着デアリングタクト(3)エピファネイアキングカメハメハ

 

データから生き残るのは3頭!?

  • 前走1秒以上差で敗戦【0-0-3-27】
  • 6歳以上【0-0-2-35】
  • 中9週以上のステップ【0-0-0-12】
  • 前走2桁人気【0-0-1-19】
  • G1でVか0秒2差以内を経験していない【0-0-0-39】
  • 芝2000以上の重賞でVか、芝2000以上のG1で2連対以上していない【0-0-0-23】
  • 外国馬

 

以上の項目から生き残ったのは、コントレイルシャフリヤールアリストテレスの3頭!

 

【PR】無料で競馬情報を使い倒す!
競馬最強の法則WEB

出走馬の調教時計(直前追い切り)

馬名調教コースタイム
ムイトオブリガード栗東・CW(良)6F(81.7)5F(65.8)4F(51.2)3F(37.9)1F(12.1)
コントレイル栗東・坂路(良)4F(51.0)3F(36.9)2F(23.9)1F(12.0)
ブルーム東京・ダート(良)6F(84.8)5F(69.2)4F(54.3)3F(40.1)1F(13.2)
シャフリヤール栗東・坂路(良)4F(53.8)3F(39.0)2F(25.1)1F(12.2)
キセキ栗東・CW(良)6F(87.6)5F(70.4)4F(55.0)3F(41.0)1F(12.3)
グランドグローリー白井・ダート(やや重)6F(ー)5F(72.0)4F(56.1)3F(39.8)1F(11.9)
オーソリティ美浦・南W(やや重)6F(84.6)5F(67.8)4F(52.4)3F(38.1)1F(11.6)
ウインドジャマー美浦・南W(やや重)6F(86.7)5F(69.7)4F(53.8)3F(38.7)1F(11.7)
アリストテレス栗東・CW(良)6F(80.9)5F(64.8)4F(50.1)3F(37.1)1F(11.9)
ロードマイウェイ栗東・坂路(良)4F(53.2)3F(38.8)2F(25.2)1F(12.5)
シャドウディーヴァ美浦・坂路(良)4F(53.2)3F(38.9)2F(25.4)1F(12.6)
サンレイポケット栗東・坂路(良)4F(53.9)3F(39.1)2F(25.1)1F(12.2)
モズベッロ栗東・坂路(良)4F(52.9)3F(38.3)2F(25.2)1F(12.9)
ユーバーレーベン美浦・南W(やや重)5F(68.0)4F(52.7)3F(38.1)1F(11.9)
マカヒキ栗東・坂路(良)4F(53.5)3F(39.4)2F(25.6)1F(12.6)
ユーキャンスマイル栗東・芝(やや重)6F(80.8)5F(64.2)4F(49.8)3F(36.4)1F(11.6)
ワグネリアン栗東・CW(良)6F(83.5)5F(66.6)4F(51.4)3F(37.7)1F(12.4)
ジャパン東京・ダート(良)6F(84.7)5F(69.1)4F(54.2)3F(40.0)1F(13.2)

 

予想と勝負馬券

今年のジャパンカップは、ガチガチですが本命◎②コントレイルしました!

調教の動きからも状態は抜群、1枠2番という絶好枠を引き、ローテーションも最高。正直この馬が馬券を外すとは到底考えられません。

このレースで引退するコントレイルにとって種牡馬の価値を高めるためにも、まさに「絶対に負けられない戦い」であることは間違いないですからね。ここは素直に信頼して軸にします!

 

対抗は○⑨アリストテレス

父エピファネイアはジャパンカップで圧勝し、母系にジャパンカップで激走する血トニービンを持っているので舞台適性は非常に高いでしょう。

菊花賞ではコントレイルを追い詰めているぐらいの馬なのでここでも激走があっても驚けませんよ!

 

△④シャフリヤール

△⑦オーソリティ

△⑭ユーバーレーベン

☆⑫サンレイポケット(大穴)

 

結果

1着:②コントレイル

2着:⑦オーソリティ

3着:④シャフリヤール

 

やはりガチガチの決着でしたね。馬券はアリストテレスとの2頭軸で購入したのでハズレ…

福永騎手の涙と実況の「さらば!コントレイル!」も心に響いてウルッとなりました。コントレイル&福永騎手おめでとう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました