ホープフルステークスG1 2019 予想と勝負馬券|結果

競馬

こんにちは。競馬が当たらなすぎて絶不調なノブです。

先週の有馬記念は本命のフィエールマンが4着となり、歯ぎしりが止まりませんでした(笑)けど、過去最高レベルのメンバーで最高のレースが見られて、やっぱり競馬は楽しいな~と感じましたね。

 

さぁ、今週はJRA今年最後のG1レース「ホープフルステークス」が開催します。

G1に格上げされてから3年目となる今年は、果たしてどの馬が2歳G1を制覇するのか?

バシッと馬券を当てて、気持ちよく年を越せるように予想していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

出馬表

馬番馬名性齢騎手前走
1ブラックホール牡2石川 裕紀人札幌2歳S 1着
2コントレイル牡2福永 祐一東スポ2歳S 1着
3ブルーミングスカイ牡2田辺 裕信黄菊賞 4着
4ガロアクリーク牡2野中 悠太郎新馬(東京)1着
5ヴェルトライゼンデ牡2O.マーフィー萩ステークス 1着
6ナリノモンターニュ牡2M.デムーロ未勝利(東京)1着
7ワーケア牡2C.ルメールアイビーS 1着
8クリノブレーヴ牡2斎藤 新未勝利(中京)1着
9パンサラッサ牡2坂井 瑠星エリカ賞 6着
10ディアセオリー牡2三浦 皇成葉牡丹賞 6着
11オーソリティ牡2池添 謙一芙蓉S 1着
12ラグビーボーイ牡2北村 宏司未勝利(東京)1着
13ラインベック牡2岩田 康誠東スポ2歳S 3着

 

データ分析

コースの特徴

ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約400メートル。

スタート直後に急勾配の上りがあり、1コーナーの途中までは緩い上りが続く。

そこから向正面半ばまでが緩い下りで、3コーナー、4コーナーにかけてはほぼ平坦。最後の直線は310メートルだが、直線の半ばには再び急勾配の上りが待ち受ける。

芝2000メートルのコースの中では、中京と並びタフな構造と言えるが、2014年の路盤改修後は、3コーナーからスピードに乗りやすくなった印象を受ける。

2度の直線の坂越えをこなすパワーがある馬の中で、3コーナーから直線でスピードを持続できる馬ほど、好走しやすいコースと言えるだろう。

JRA公式サイトより引用

 

枠順傾向

中山開催となった過去5年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【0-0-1-6】

2枠【1-0-0-6】

3枠【1-0-0-8】

4枠【3-0-1-6】

5枠【2-0-0-7】

6枠【0-2-1-7】

7枠【0-1-1-8】

8枠【0-1-0-11】

 

中枠が好走傾向にありますね。

 

前走レース別傾向

中山開催となった過去5年で好走した馬の前走レース別傾向は以下の通り。

 

新馬組【2-0-2-4】

きんもくせい組【0-1-0-0】

未勝利組【0-1-1-15】

新潟2歳S組【0-1-0-0】

黄菊賞組【0-0-1-3】

葉牡丹賞【1-0-0-3】

京都2歳組【1-0-0-7】

デイリー2歳組【0-1-0-1】

萩ステークス組【1-0-0-1】

紫菊賞組【0-0-1-1】

東スポ2歳組【0-0-1-7】

 

2歳戦の乱立でどのローテーションからでも馬券に絡んでいるので、正直ここはあまり参考にならないと思います。

 

脚質傾向

中山開催となった過去5年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【0-0-0-6】

先行【2-3-0-18】

差し【3-2-4-15】

追込【0-0-1-18】

 

先行、差し馬が圧倒的に優勢。極端な脚質の馬は割り引きですね。

 

人気別信頼度

中山開催となった過去5年の上位人気信頼度は以下の通り。

 

1番人気【3-1-0-1】

2番人気【1-1-2-1】

3番人気【1-0-1-3】

4番人気【0-1-0-4】

5番人気【0-0-0-5】

 

正直このレースは波乱が少なく、1、2番人気の信頼度が非常に高いです。

穴なら1頭といった感じでしょうね。

 

血統傾向

中山開催となった過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2014年馬名父馬母父馬
1着シャイニングレイ(2)ディープインパクトクロフネ
2着コメート(8)ブラックタイドアフリート
3着ブラックバゴ(9)バゴステイゴールド

 

2015年馬名父馬母父馬
1着ハートレー(3)ディープインパクトCongrats(エーピーインディ系)
2着ロードクエスト(1)マツリダゴッホチーフベアハート
3着バティスティーニ(2)キングカメハメハサンデーサイレンス

 

2016年馬名父馬母父馬
1着レイデオロ(1)キングカメハメハシンボリクリスエス
2着マイネルスフェーン(8)ステイゴールドJade Robbery(ミスプロ系)
3着グローブシアター(2)キングカメハメハスペシャルウィーク

 

2017年馬名父馬母父馬
1着タイムフライヤー(1)ハーツクライブライアンズタイム
2着ジャンダルム(4)Kitten’s Joy(サドラーズウェルズ系)サンデーサイレンス
3着ステイフーリッシュ(8)ステイゴールドキングカメハメハ

 

2018年馬名父馬母父馬
1着サートゥルナーリア(1)ロードカナロアスペシャルウィーク
2着アドマイヤジャスタ(2)ジャスタウェイエリシオ
3着ニシノデイジー(3)ハービンジャーアグネスタキオン

 

こうして見ると血統傾向は顕著に出ていますね。

暮れの中山開催ということもあって、ステイゴールドやキングカメハメハ、ロベルト、サドラーズウェルズなどTHE中山血統が好走しています。

 

予想と勝負馬券

2戦2勝の馬たちが人気の中心となりそうですが、ここは中山最終週ということで適正重視で予想をしていきたいと思います。

 

僕の本命は◎⑪オーソリティにしました!

オルフェーブル産駒で、母系がシンボリクリスエス×シーザリオというこの馬は中山を走るために生まれてきたと思えるような血統です。

前走で中山2,000mを経験しているのも強みですし、時計がかかる馬場、急坂もこなせます。

 

対抗○⑦ワーケア

2強ならこの馬の方が中山適性は高そうです。

今年はハーツクライ産駒の当たり年ですし、ルメール騎手もこのコースは得意ですからね。

 

▲⑤ヴェルトライゼンデ

ドリームジャーニー産駒のこの馬も中山適性は高そうです。

コーナー4回のコースも経験していますので、あとは急坂をこなせれば。

 

△①ブラックホール

ゴールドシップ×キングカメハメハということで、この馬も中山適性は高そうです。

前走「札幌2歳S」では長く良い脚を使っていたようにゴールドシップを彷彿させるような走り。

スタミナ勝負になればこの馬が浮上するでしょう。

 

△②コントレイル

この馬めちゃくちゃ強いとは思いますけど、中山に適正があるかといわれると微妙な気がします。

福永騎手というのがまた微妙ですけど、能力だけで押し切る可能性もありそう。

 

勝負馬券

馬連

⑪-⑤⑦

 

3連複

⑪⑦-①②⑤

 

これで勝負したいと思います!

コントレイルがきてしまうと激安になってしまうので来ないでくれ!

 

結果

 

1着:②コントレイル

2着:⑤ヴェルトライゼンデ

3着:⑦ワーケア

 

この組み合わせだけはやめてくれ!と思っていた通りになってしまったホープフルステークス。

本命のオーソリティはスタート直後にラインベックにアタックされてしまい、位置取りが悪くなってしまいましたね。同じくワーケアも。

まぁ、これも競馬。仕方ない。

コントレイルは普通に能力が高く、来年のクラシックでも主役になれそうな器ですね。

 

さぁ、あとは残すところ「東京大賞典」のみ!

こっちも堅そうですが、絞ってガッツリ儲けたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました