阪神大賞典G2 2020 予想と勝負馬券|結果

競馬

こんにちは。ノブです。

今回は天皇賞(春)の前哨戦として位置づけられている「阪神大賞典G2」の予想をしていきたいと思います。

3連覇しているゴールドシップのイメージが強いレースですが、今年はここから長距離界のスターホースが生まれるのか?楽しみですね。

 

スポンサーリンク

出馬表

馬番馬名性齢騎手前走
1レノヴァール牡5幸 英明ダイヤモンド 4着
2メロディーレーン牝4岩田 望来日経新春杯 9着
3ムイトオブリガード牡6藤岡 佑介ジャパンC 8着
4トーセンカンビーナ牡4藤岡 康太松籟S 1着
5タイセイトレイル牡5福永 祐一ダイヤモンド 5着
6メイショウテンゲン牡4松山 弘平ダイヤモンド 2着
7ボスジラ牡4武 豊早春S 1着
8ドレッドノータスセ7坂井 瑠星京都記念 8着
9キセキ牡6川田 将雅有馬記念 5着
10ユーキャンスマイル牡5岩田 康誠ジャパンC 5着

 

データ分析

コースの特徴

向正面からスタートして、内回りコースを1周半するレイアウト。向正面(バックストレッチ)、3コーナー、4コーナー、直線(ホームストレッチ)をそれぞれ2回通ることになる。

1コーナーから2コーナー、バックストレッチまではほぼ平坦で、3コーナー半ばから4コーナー、直線の半ばにかけて緩やかな下りとなる。

直線距離は356.5メートル(Aコース使用時)で、ゴール前には急な上り坂(高低差1.8メートル)が待ち受ける。

3000メートルを乗り切るスタミナと気性に加え、同じ3000メートルでも京都に比べて、直線の坂でも止まらない末脚や馬力が要求される。

JRA公式サイト

 

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【2-0-2-9】

2枠【0-2-2-6】

3枠【1-1-1-9】

4枠【0-1-1-10】

5枠【0-0-1-12】

6枠【1-4-1-10】

7枠【2-0-2-13】

8枠【4-2-0-14】

 

枠順傾向的には内外極端な感じですが、毎年少頭数ですのでそれほど気にしなくても良さそうです。

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

有馬記念組【4-5-1-5】

ダイヤモンド組【2-2-2-21】

日経新春杯組【2-0-3-5】

AJCC組【2-0-0-4】

迎春S組【0-1-0-0】

 

さすがに有馬記念組は好成績ですね。今年は断然の一番人気になりそうなキセキのみとなっています。

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【6-2-2-0】

2番人気【0-1-1-8】

3番人気【3-1-2-4】

4番人気【0-3-0-7】

5番人気【1-1-3-5】

 

1番人気の複勝率は驚異の100%!逆らってもしょうがないような感じもしますが…

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【0-1-3-8】

先行【9-6-3-22】

差し【1-2-1-19】

追込【0-1-3-30】

 

先行馬が断然有利。キセキ…

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着ゴールドシップ(1)ステイゴールドメジロマックイーン
2着デニムアンドルビー(7)ディープインパクトキングカメハメハ
3着ラストインパクト(2)ディープインパクトティンバーカントリー(ウッドマン系)

 

2016馬名父馬母父馬
1着シュバルグラン(1)ハーツクライマキアヴェリアン
2着タンタアレグリア(4)ゼンノロブロイStuka(ミスプロ系)
3着アドマイヤデウス(3)アドマイヤドン(ウッドマン系)サンデーサイレンス

 

2017馬名父馬母父馬
1着サトノダイヤモンド(1)ディープインパクトOrpen(ダンジグ系)
2着シュバルグラン(2)ハーツクライマキアヴェリアン
3着トーセンバジル(5)ハービンジャーフジキセキ

 

2018馬名父馬母父馬
1着レインボーライン(3)ステイゴールドフレンチデピュティ
2着サトノクロニクル(4)ハーツクライIntikhab(ロベルト系)
3着クリンチャー(1)ディープスカイブライアンズタイム

 

2019馬名父馬母父馬
1着シャケトラ(1)マンハッタンカフェSingspiel(サドラーズウェルズ系)
2着カフジプリンス(6)ハーツクライシンボリクリスエス
3着ロードヴァンドール(10)ダイワメジャーストームキャット

 

やはりベタにスタミナ血統であるハーツクライ産駒の好走が目立ちますね。

 

スポンサーリンク

 

予想と勝負馬券

さぁ、では阪神大賞典の予想をしていきたいと思います。

 

僕の本命は◎⑨キセキにしました。

この馬は正直データ的に逆らってもしょうがない感じです…

相性の良い川田騎手ですし、この馬が馬券外になることはないでしょう。

 

対抗○⑤タイセイトレイル

ハーツクライ×シンボリクリスエスという配合で好走血統に該当。

人気もないですしここは狙ってみたいですね。

 

▲④トーセンカンビーナ

後方から末脚を伸ばすいかにもディープインパクト産駒らしい馬ですが、長い距離もこなせそうな血統配合なので展開次第ではこの馬の台頭も十分ありえるでしょう。

 

勝負馬券

馬連・ワイド

⑨-④⑤

これで勝負したいと思います!

 

結果

1着:⑩ユーキャンスマイル

2着:④トーセンカンビーナ

3着:⑥メイショウテンゲン

 

キセキがまさかの大出遅れで7着…

スタート直後に僕の馬券はゴミくずとなりました(笑)

1番人気を本命にしたので相手を絞って買ったのに、相手(▲トーセンカンビーナ)は来たのに本命が来ないという最悪の結果となってしまいました。

しかし、勝ったユーキャンスマイルは岩田騎手の好騎乗もありますが強かったですね。

長距離でこれだけ活躍できるのはキングカメハメハよりも母父のダンスインザダークの血が強く出ているのでしょうか。次走も楽しみです。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました