福島牝馬ステークスG3 2020 予想と勝負馬券|結果

競馬

こんにちは。ノブです。

今週はG1はありませんが、重賞が3レース組まれていますので今週もおうち競馬を楽しみましょう!

まずはヴィクトリアマイルの前哨戦「福島牝馬ステークス」を予想していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

出馬表

 

 

データ分析

コースの特徴

 

JRA公式サイト

ホームストレッチの半ばからスタートするレイアウトで、スタート地点から1コーナーまでの距離は約300メートル。決勝線を過ぎたあたりから1コーナー、2コーナーにかけて緩やかに下っていく。

向正面(残り1000メートル付近)で約100メートルの上り坂がある。3コーナーから4コーナーにかけて平坦、4コーナー半ばから直線の入り口まで緩やかに下っていく。

直線距離は297.5メートル(Bコース使用時)で、ゴール前に上り坂がある。スピードの持続力に加えて、インで器用に立ち回る能力を兼ね備えた馬が好走しやすいコースだ。

 

スポンサーリンク

 

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【1-1-1-14】

2枠【1-0-1-16】

3枠【3-1-3-11】

4枠【3-3-0-12】

5枠【1-0-2-16】

6枠【1-3-0-15】

7枠【0-0-1-19】

8枠【0-2-2-16】

 

外枠の成績が悪いですね。7,8枠からは勝ち馬が出ていません。

 

前走別成績

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

中山牝馬S組【8-8-3-49】

愛知杯組【2-0-0-5】

初音S組【0-1-1-2】

四国新聞杯組【0-1-0-0】

但馬S組【0-0-2-3】

 

中山牝馬S組は出走頭数も多いですが好走率も高いです。この組の連対馬は過去10年で複勝率100%という相性の良さです。

 

人気別傾向

過去10年の上位人気の成績は以下の通り。

 

1番人気【2-3-1-4】

2番人気【0-1-2-7】

3番人気【2-1-2-5】

4番人気【1-3-1-5】

5番人気【2-1-0-7】

 

牝馬重賞ということで波乱傾向が強いレースです。

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【1-1-1-10】

先行【3-4-5-24】

差し【4-4-2-51】

追込【2-1-2-34】

 

先行馬中心ですが、差し、追い込み馬も好走しています。

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2015馬名父馬母父馬
1着スイートサルサ(3)デュランダルGrand Lodge(ダンジグ系)
2着リラヴァティ(9)ゼンノロブロイSingspiel(サドラーズウェルズ系)
3着メイショウスザンナ(13)アグネスデジタルサンデーサイレンス

 

2016馬名父馬母父馬
1着マコトブリジャール(15)ストーミングホーム(マキアヴェリアン系)ブライアンズタイム
2着シャルール(1)ゼンノロブロイKaldoun(カロ系)
3着オツウ(13)ハーツクライトウカイテイオー(パーソロン系)

 

2017馬名父馬母父馬
1着ウキヨノカゼ(3)オンファイアフサイチコンコルド(ニジンスキー系)
2着フロンティアクイーン(4)メイショウサムソン(サドラーズウェルズ系)サンデーサイレンス
3着クインズミラーグロ(1)マンハッタンカフェin Excess(カロ系)

 

2018馬名父馬母父馬
1着キンショーユキヒメ(7)メイショウサムソン(サドラーズウェルズ系)サンデーサイレンス
2着カワキタエンカ(1)ディープインパクトクロフネ
3着デンコウアンジュ(4)メイショウサムソン(サドラーズウェルズ系)マリエンバード(ニジンスキー系)

 

2019馬名父馬母父馬
1着デンコウアンジュ(4)メイショウサムソン(サドラーズウェルズ系)マリエンバード(ニジンスキー系)
2着フローレスマジック(1)ディープインパクトストームキャット
3着ダノングレース(2)ディープインパクトOratorio(デインヒル系)

 

福島らしく、ニジンスキーやサドラーズウェルズ持ちの馬の好走率が非常に高いです。

 

スポンサーリンク

 

予想と勝負馬券

では福島牝馬ステークスの予想をしていきたいと思います。

 

僕の本命はベタですけど、◎⑪デンコウアンジュにしました!

この馬は福島牝馬Sにこれで4年連続出走となりますが、4着→3着→1着と適正は抜群。

血統的にもこのレースを走るためみたいな血統構成ですし、叩き良化型のこの馬にとっては最高のローテーションでしょう。

この馬から勝負!…ただね~、この馬を本命にすると4着になることが多いから僕との相性が悪いんですよね…(笑)

 

○①エスポワール

前走「中山牝馬S」で1番人気3着だった馬。前走は不良馬場で伸びあぐねてしましたが、良馬場、平坦コースに変わる今回は巻き返し可能でしょう。

全10場の重賞制覇がかかる池添騎手も勝負気配。

 

▲③サラキア

近走は成績が悪いですけど、サリオスのお姉ちゃんで、元々は素質を期待されていた馬。

ディープ×ニジンスキーという血統でこのレースの好走血統でもあります。

人気しすぎな感もありますけど、このコースが得意な吉田隼人騎手込みで期待したいと思います。

 

勝負馬券

馬連 ⑪-①③

これで勝負したいと思います!

 

スポンサーリンク

結果

1着:⑭フェアリーポルカ

2着:⑤リープフラウミルヒ

3着:⑯ランドネ

 

いや~、3連複60万、3連単200万の大波乱でしたね。

勝ったフェアリーポルカは中山牝馬Sに続いてこれで重賞2連勝。ヴィクトリアマイルでは用無しでしょうが、小回りコースなら相当強いでしょう。

しかし、本命にしたこのコースが得意なデンコウアンジュがまさかの13着という大敗…競馬は難しいのぅ…

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました