有馬記念G1 2019 予想と勝負馬券|結果

競馬

こんにちは。競馬とパチンコ・パチスロを愛するノブです。

今週はいよいよ中央競馬の1年を締めくくる大レース有馬記念が開催されますね!

 

過去最高レベルのメンバーが揃った今年の有馬記念。

世界最強牝馬アーモンドアイが断然人気になりそうですが、果たしてどの馬が勝つのか?

今からワクワクが止まりませんね!

 

去年は◎ブラストワンピースから当てれたレースなので、今年もバシッと馬券を当てて今年の競馬を気分よく締めくくりたいところ。

まぁ来週もホープフルステークスがあるけどね(笑)

 

スポンサーリンク

出馬表

馬番馬名性齢騎手前走
1スカーレットカラー牝4岩田 康誠エリザベス杯 7着
2スワーヴリチャード牡5O.マーフィージャパンC 1着
3エタリオウ牡4横山 典弘ジャパンC 7着
4スティッフェリオ牡5丸山 元気天皇賞(秋) 12着
5フィエールマン牡4池添 謙一凱旋門賞 12着
6リスグラシュー牝5D.レーンコックスP 1着
7ワールドプレミア牡3武 豊菊花賞 1着
8レイデオロ牡5三浦 皇成ジャパンC 11着
9アーモンドアイ牝4C.ルメール天皇賞(秋) 1着
10サートゥルナーリア牡3C.スミヨン天皇賞(秋) 6着
11キセキ牡5R.ムーア凱旋門賞 7着
12クロコスミア牝6藤岡 佑介エリザベス杯 2着
13アルアイン牡5松山 弘平マイルCS 16着
14ヴェロックス牡3川田 将雅菊花賞 3着
15アエロリット牝5津村 明秀天皇賞(秋) 3着
16シュヴァルグラン牡7福永 祐一ジャパンC 9着

 

 

データ分析

過去のデータを元に分析していきたいと思います。

 

コースの特徴

外回りコースの3コーナー手前からスタートし、3から4コーナーを回って、ホームストレッチでは1回目の急坂(高低差2.2メートル)を上る。

決勝線から1コーナーにかけても上りで、2コーナーから向正面半ばまで緩い下り。

3から4コーナーにかけてはほぼ平坦が続いて、最後の直線は310メートル。直線半ばには2回目の急坂が待ち受ける。

2014年の路盤改修後、ラストのスピードが生きる傾向が強まった。勝負どころまで体力を温存できる操縦性、最終コーナーからゴールまでスピードを持続する能力が問われるコースだ。

JRA公式サイトより引用

 

中山コースは本当にトリッキーなコースで、強い馬がそのまま勝つとは限らないですね。

小回り、急坂をこなせる適性を重視して予想したいところ。

 

枠順傾向

過去10年の枠順傾向は以下の通り。

 

1枠【2-2-1-14】

2枠【1-2-0-16】

3枠【1-2-1-14】

4枠【2-2-0-16】

5枠【1-1-3-15】

6枠【2-1-2-15】

7枠【1-0-2-17】

8枠【0-0-1-19】

 

圧倒的に内が有利なコースで、外枠に入った馬は割り引きが必要ですね。

 

前走レース別傾向

過去10年で好走した馬の前走レースは以下の通り。

 

菊花賞組【4-1-1-5】

ジャパンカップ組【3-4-7-47】

天皇賞(秋)組【1-1-0-10】

凱旋門賞組【1-0-1-2】

アルゼンチン組【1-0-0-6】

 

出走頭数が少ないものの菊花賞組の好走率が非常に高いです。

今年はワールドプレミアとヴェロックスが該当していますね。

 

脚質傾向

過去10年の脚質傾向は以下の通り。

 

逃げ【1-0-1-9】

先行【6-4-3-29】

差し【3-6-4-45】

追込【0-0-2-42】

 

極端な追込みは届きません。

先週のレース傾向からもやはり前目につけられる馬を重視したいですね。

 

人気別信頼度

過去10年の上位人気の信頼度は以下の通り。

 

1番人気【5-3-1-1】

2番人気【2-1-2-5】

3番人気【1-0-2-7】

4番人気【1-1-1-7】

5番人気【0-1-0-9】

 

1番人気は勝率50%、複勝率90%と非常に優秀な成績です。

ただそれ以外の上位人気の信頼度は低く、意外と中波乱が期待できるレースですね。

 

年齢別傾向

過去10年の年齢別成績は以下の通り。

 

3歳【5-2-2-21】

4歳【1-6-2-31】

5歳【4-2-4-37】

6歳以上【0-0-2-37】

 

3~5歳馬が中心で、中でも3歳馬の活躍が目立ちます。

 

血統傾向

過去5年の血統傾向は以下の通り。

※()内の数字は人気

 

2014年馬名父馬母父馬
1着ジェンティルドンナ(4)ディープインパクトBertolini(ダンジグ系)
2着トゥザワールド(9)キングカメハメハサンデーサイレンス
3着ゴールドシップ(1)ステイゴールドメジロマックイーン

 

2015年馬名父馬母父馬
1着ゴールドアクター(8)スクリーンヒーローキョウワアリシバ(レイズアネイティブ系)
2着サウンズオブアース(5)ネオユニヴァースDixieland Band(ノーザンダンサー系)
3着キタサンブラック(4)ブラックタイドサクラバクシンオー

 

2016年馬名父馬母父馬
1着サトノダイヤモンド(1)ディープインパクトOrpen(ダンジグ系)
2着キタサンブラック(2)ブラックタイドサクラバクシンオー
3着ゴールドアクター(3)スクリーンヒーローキョウワアリシバ(レイズアネイティブ系)

 

2017年馬名父馬母父馬
1着キタサンブラック(1)ブラックタイドサクラバクシンオー
2着クイーンズリング(8)マンハッタンカフェAnabaa(ダンジグ系)
3着シュバルグラン(3)ハーツクライマキアヴェリアン

 

2018年馬名父馬母父馬
1着ブラストワンピース(3)ハービンジャーキングカメハメハ
2着レイデオロ(1)キングカメハメハシンボリクリスエス
3着シュバルグラン(9)ハーツクライマキアヴェリアン

 

キングカメハメハの血や母父にダンジグを持つ馬の好走が目立ちます。

ただ、それよりもリピーターが活躍するレースなので、このコースに適正が高い馬を重視したいですね。

 

スポンサーリンク

 

予想と勝負馬券

中山2500mという舞台設定ということで、小回り、急坂、距離をこなせる適性重視で予想していきたいですね。

土曜日の馬場状態と日曜日の雨予報で変わるかもしれませんが、現段階での予想と勝負馬券を発表していきます。

 

僕の本命は◎⑤フィエールマンにしました!

ディープインパクト産駒でありながら、天皇賞(春)と菊花賞という長距離G1を勝利しており、中山も2戦して1勝2着1回ということで小回り、急坂もこなせる。

有馬記念の勝ち方を知っている池添騎手というのも強調材料ですね。

調教の動きも良かったですし、前走「凱旋門賞」の海外遠征の影響がなければ勝ち負けまであると思っています!

 

対抗は○⑪キセキ

昨年5着ですが、天皇賞(秋)とジャパンカップに出走してのものでよく5着に残せたなと思ったくらいです。

今年は大阪杯2着、宝塚記念2着とまったく力は衰えていないですし、馬場が渋れば不良馬場の菊花賞を勝ったこの馬の出番でしょう。

この馬も調教の動きは良かったので、前走「凱旋門賞」の影響がなければ好走する可能性は高いと思います。

 

▲⑨アーモンドアイ

さすがに買わないわけにはいかない馬ですね。

中山ということで飛ぶ可能性は否定できませんが、わざわざ出走してくることと、ルメール騎手が自信タップリの発言してますからね~。

 

☆⑥リスグラシュー

G1連勝中のこの馬は、さすがハーツクライ産駒で覚醒したハーツクライ産駒は手がつけられない印象がありますね。

特に2走前の宝塚記念はめちゃくちゃ強い競馬で、今回出走するキセキやスワーブリチャード以下を大きく離しての勝利でした。宝塚記念はこのレースとも直結しますしね。

 

△②スワーブリチャード

前走ジャパンカップを勝利してここへの参戦。

天皇賞(秋)とジャパンカップを使っているので上積みはないと思いますが、枠が良いので買っておきます。

 

△⑩サートゥルナーリア

今年の3歳牡馬のレベルは低いと思っていますが、ホープフルステークスと皐月賞の中山G1を2勝しているこの馬は適正を考えれば買っておきた方が良いですね。

 

勝負馬券

馬連

⑤-②⑥⑨⑩⑪

3連複

⑤⑪-②⑤⑥⑨⑩⑪ー②⑤⑥⑨⑩⑪

 

結果

 

1着:⑥リスグラシュー

2着:⑩サートゥルナーリア

3着:⑦ワールドプレミア

 

 

フィエールマン…4着じゃダメなんだよ~

キセキ…5着じゃダメなんだよ~

 

今年の有馬記念は本命対抗が4、5着で死亡。

アーモンドアイが飛ぶことは想定内ですけど、リスグラシューの強さは異常ですね(笑)

予想のところでも書きましたが、覚醒したハーツクライ産駒はマジで手がつけられない。

 

2、3着には3歳馬が入り、有馬記念は3歳馬が活躍できるレースということを改めて感じましたね。

「今年の3歳馬はレベルが低い」といっていた自分が情けない…

 

あとはユタカさんですよね~

ペースを読んで最後方から完全に着狙いに徹した騎乗でした。

やはりこういった大レースでは池添騎手もそうですけど、ユタカさんも買っておかなければいけない騎手ですね。

 

さぁ、気を取り直して今年も来週のホープフルステークスで最後。

最後こそはバシッと当てて良い年を迎えられるよう頑張ります!

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました